フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

散歩

2011年8月12日 (金)

「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策おまけ

今晩は、SARUです。

本題に入る前に一言。本日また「いたち川プロムナード」でセミに激突されました。大体あそこはセミが多いっsweat01。低木のあちこちにセミの抜け殻が付いていますし、本日なんかセミ取りの親子が木の幹に虫とり網を一振りすると、その中には4,5匹程のセミが…coldsweats02。そんな過密状態でしたら、セミが人に激突してくるのもうなずけますね。

本題に入ります。本日は『いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策おまけ』ということで、「横浜自然観察の森」から家へ帰るまでのところを少しお話しします。

Cimg2954
帰り道にあった「雑木林ファンクラブ」の施設です。どうやら帰り道を間違えてしまったらしいのですが、こちらからも帰ることはできますのでそのまま進みました。ちなみに「雑木林ファンクラブ」では、木の間伐や間伐した木で炭を作ったりしているそうです。

Cimg2956
なんと「横浜自然観察の森」に立派な門が存在しました。「森」に「門」? 門は 9:00~16:30 まで開いているそうです。

Cimg2957
門の直ぐ先は横浜市が経営している「上郷 森の家」のバーベキュー広場でした。バーベキューも宿も結構リーズナブルなお値段(バーベキューはしたことがないのでどうかわかりませんが…。)です。

Cimg2961
宿の近くには「ポトマック河畔の帰り桜」がありました。あの有名なポトマック河畔の桜の植樹に貢献した「エリザ・R・シドモア」さんの墓地が横浜山手外人墓地にあり、そこにポトマック河畔の桜が里帰りをして植えられているそうです。そしてさらにその桜を接ぎ木して苗木を育てて植えたのが写真の桜だそうです。

Cimg2962
山を大分下って来たところで、「上郷 森の家」に入るための自動券売機が…。「横浜自然観察の森」に駐車場らしき広場があったので、今度車で来てみようかと思ったのですが、そこに車を止めるにもここを通らなければなりません。「上郷 森の家」を使わなくてもお金取られちゃう…。

Cimg2963

「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策2』で、草ぼうぼうの細い坂道の右手でやかましい音を立てていたものの正体です。セメント工場のようです。

Cimg2964
環状4号線に出ると直ぐに立派な霊園が見えました。

Cimg2965
ペット霊園もここにあるのでしょうか? 銀ちゃんのお骨がまだ手元なので「ペット霊園」と聞くと興味を持ちます。が、インターネットで「横浜ペット霊園」「横浜霊園」を調べても「ペットの為の霊園」があるのかどうかどうもはっきりせず…。

環状4号線に出てまだ余力がありましたので、バスを使わず来た道(よく利用する「イトーヨーカドー」の前の道)を戻ることにしました。

Cimg2966
保育園だか幼稚園だかで見つけた「スペースシャトル」。

Cimg2967
あのサプリメントで有名なファンケルさんの発祥の地だそうです。建物はファンケルさんの社宅になっていました。

スペースシャトルやら「ファンケル発祥の地」だの、「行きにこんなのあったのかな? 気付かなかったなぁ。」などと思って歩いていると、それもそのはず、違う道を歩いていましたcoldsweats02。とりあえずバス通りをなんとか見つけて本来の道にやっとこさ戻ることができましたcoldsweats01

道に迷ったおかげでかなり疲れましたが、とりあえず「イトーヨーカドー」によってカレーの材料とアイスクリームを買って家に帰りました。

さて今回の散策ですが、今までの散策に比べると設備がちゃっちいといいますか、中途半端といいますか…。それでも結構楽しめました。「横浜自然観察の森」ではゲンジボタルが見られるそうですし、今回工事中だった「自然観察センター」にも興味がありますのでまた行ってみたいと思います。

2011年8月10日 (水)

「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策3

今晩は、SARUです。

本日は『「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策』の3回目です。

前回は「横浜自然観察の森」に足を踏み入れたところまでをお話ししました。

Cimg2929
そこはアスファルトの道が続く森でした。

森の様子です。ヒグラシが鳴き、涼しい風が心地よい森でした。初夏にはホタルの乱舞もみられるようです。

Cimg2931
いたち川の流れは既にちょろちょろ程度になっていました。

私以外に人はまったくいなかったのですが、森を進んでいくとどこからか子供の奇声が…。「こんなところまで来てわめかなくともよかろうに…。」と思っていたのですが、声の発信源に近付くにつれ、その声の正体はどうやら子供の声ではないというのに気付きました。

なんでしょうか? 鳥ですよね?

Cimg2934
「ゲンジボタルの谷」だそうです。初夏に来てみたいです。なお、今までの看板は道の左手にありましたが、本看板は道の右手にありましたので、今までの看板と「場所」の順序が逆になっています。

道は少しずつ登りになって行きました。しかし坂は緩やかで、更にアスファルトが敷いてありましたので、今まで登った「山」に比べたら非常に楽でした。

Cimg2936
もみじです。新緑がきれいです。秋も楽しみです。
本写真を撮っているとき、やけにヒグラシの声が大きいなと思ったら、

Cimg2937
真ん前の木で鳴いていました。

緩やかな坂を登っていくと、右手に池が見えました。

Cimg2939
「ミズスマシの池」です。池にはなにやら浮いたり沈んだりしている物体が見えたので、「もしや、でっかいミズスマシ?」と思いきや…

オタマジャクシでしたcoldsweats01

Cimg2941
浮葉性の植物。アサザ?

Cimg2945
水中にある木の杭にはタニシがうじゃうじゃ。

Cimg2946
湖畔(池畔?)には立派なケヤキがあったのですが、その根元には

Cimg2944
こんな感じで穴とセミの抜け殻が一対となってたくさんありました。ほとんどがヒグラシのものでしょうか? それにしても、殻を破るときは木につかまってぶら下がるのだと思っていたのですが、ヒグラシは地面で羽化してしまうのでしょうか?

「ミズスマシの池」を出ると直ぐに、

Cimg2947
「ミズキの谷」が現れました。いたち川の源流です。

Cimg2949
野鳥観察場となっており、衝立の外を覗くと…

Cimg2950
比較的大きな池が見えました。カワセミが現れることがあるとのことでしたが、今回はお目にかかることはできませんでした。

「ミズキの谷」を出て更に奥へ進みます。

Cimg2951
道は相変わらずの舗装道です。

Cimg2952
広場に入って右へ行くと

Cimg2953
「自然観察センター」です。でも残念なことに工事をしていて来年5月までは入れないとのことでした。

最後まで何となく締まりませんでしたが、とりあえず『「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策』は終了です。次回はおまけ。

2011年8月 8日 (月)

「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策2

今晩は、SARUです。

本題に入る前に一言。本日会社の帰りに「いたち川プロムナード」を歩いていると、一匹のセミが私の直ぐ目の前を高速で横切りました。「危ないなぁ。当たったらどうすんねんangry。」と思っていると、大いたち橋を渡ったところで別のセミが今度は私のおでこにゴチン。「イテッ。」と思いましたが、ダメージはあまりありませんでした。それより当たってきたセミの方が大丈夫かどうか…。でも私は悪くないっsign03 当たってきたセミが悪い。セミにも前をよく見て安全運転を心掛けて欲しいものです。

本題に入ります。前回は「いたち川小川アメニティ」の「権現橋」の手前までをお話ししました。この「権現橋」を渡ると…

Cimg2893
そこは素の畑道…。「おいおい、『いたち川小川アメニティ』さんよぅ、こんなんでええんかいっ。」と思わず突っ込みを入れたくなりました。

Cimg2895
ちょっとアレですが、交尾中のトンボ(押してsign03)。この格好のまま空飛んでました。このトンボたち、別種じゃないかと思えるくらい体の色が違いますね。でもこれらは同種の「シオカラトンボ」なのだとか…。黄色い斑点が見える方が雌で、「シオカラトンボ」の雌はこの姿から「ムギワラトンボ」とも呼ばれるそうです。

先を進むと突き当たりにいたち川、そして左手には

Cimg2897
草ぼうぼうの細い登り道がありました。ここでいたち川とはしばしお別れです。

Cimg2898
細道の左側は畑ですが、畑の向こう側はまあまあ結構な眺め。しかし細道の右側は何やらコンクリート工場か、あるいは何か建物でも建てているのか、車や機械の音がやかましかったです。

Cimg2901
頂上にベンチのある広場がありましたが、ベンチは崩れかけており、広場は草ぼうぼう…。全く手入れ無しです。ここで3か所も蚊に刺されてしまいました。

Cimg2902
やぐらを発見したので登ってみようと思ったのですが、

Cimg2903
うん? 登れない?

Cimg2904
「危険」だそうです…coldsweats01

Cimg2905
広場を抜けると道は直ぐに下り坂でした。

Cimg2907
季節外れの紫陽花です。

Cimg2908
いたち川とも再会です。

Cimg2912
小さい橋を渡り、一度環状4号線に出ます。写真では左手の(比較的)大きな橋を渡るのではなく真直ぐに進みます。

Cimg2909
大きな橋のたもとに売り家の看板がありました。どれも斜面に建てられていて、まあ、すんごいお宅…。

Cimg2913
ちょうど写真の右端の家が看板の右から2つ目の家のようです。そして写真の左端にも似たような家…。ということは、真ん中の斜面も宅地なのでしょうか?

Cimg2914
先ほどの道を真直ぐ行くと見えてきました、環状4号線。

Cimg2916
環状4号線を出て歩くと直ぐに「長倉町小川アメニティ」の入り口に着きました。

Cimg2917
「長倉町小川アメニティ」の入り口にあった看板です。
あれ、看板の「権現山展望台」って、もしかしたら先ほどの登れなかったやぐらのことかな? こんな立派な名前があるのでしたら、もうちょっと手入れをして登れるようにしてくれればいいのに…coldsweats01

Cimg2919
「長倉町小川アメニティ」の様子です。両脇は民家が迫っており、生活音ダダ漏れでした。

Cimg2920
手押しポンプの井戸がありました。手押しポンプは残念ながら壊れていて水は出ませんでした。「飲まないでください。」なる張り紙があるのですが、これでは飲めません…。

「長倉町小川アメニティ」は一度広い道路に出て…

Cimg2923
直ぐ広い道の右側に続いておりました。

Cimg2924
ここまで来ると、民家からは少し離れていますし環状4号線からも離れていますので、静かでヒグラシの鳴き声が心地よく響いているだけでした。

Cimg2926
「長倉町小川アメニティ」の細道を突き当たりまで歩き、左側にある階段を登ると、そこは「横浜自然観察の森」の入り口です。

本日はここまでです。

2011年8月 7日 (日)

「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策1

今晩は、SARUです。

銀ちゃんがいなくなってしまってからというもの、ブログネタが無く更にブログへのアクセス数も減り、本ブログも存亡の危機です。とりあえずブログネタの為に、わが区役所が発行している「いたち川散策マップ」でまだ訪れていないところがあったので行ってみることにしました。

今回訪れたのは「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」です。今までいたち川の源流にいくつか訪れましたが、今回はさらに奥(山奥)の源流となります。
いたち川の源流に行くのですからですから、いたち川を登って行くのがベストかと思われます。それには環状4号線を歩かなければならないのですが、歩道が狭いうえ遠回りなのでいやっbearing。今回はショートカットをしていつも利用している「イトーヨーカドー」へ行くときの道を利用することにしました。とりあえずの目標は環状4号線の「神戸橋」なる交差点。このショートカットの道、舗装された道路で、住宅街を格子状に走っている道の一つ…なのですが、住宅街といっても実は結構な高さの山の上にあるのです。この日は比較的暑くはなかったのですが、暑がりな私は「神戸橋」に着く前に既にTシャツがびしょびしょに…。それにしても、このような「山」の斜面や頂上に余すことなくたくさんの家が立ち並び住宅街が形成されているのですから、「横浜」って本当にすごいsign03

Cimg2859
とりあえずの目的地、「神戸橋」交差点(T字路)です。この交差点を右に曲がりほんの少し行った先の左側に「いたち川小川アメニティ」の入り口があるはずなのですが…

Cimg2860
まずは環状4号線の左側に「いたち川」と思しき川を発見。

Cimg2862
更に行くと、道路の左側に横道を発見。横道を進むと、

Cimg2863
先ほど発見した川沿いに道を発見しました。でも、今まで歩いてきた散策コースと比べるとなんかぱっとしません。

Cimg2864
更に進むと、川岸に飛び石を敷いた道になりました。

川の様子です。

やはり今まで散策してきたコースと比べると何となくあまりぱっとしません。果たしてこの道が本当に「いたち川小川アメニティ」なのか?
ただ、セミの鳴き声や小川に吹くそよ風は心地よかったです。

Cimg2873
小川には小さな魚が泳いでいました。

道は岸辺からまた上に上がります。

Cimg2875
上がったところでやっと看板を発見。どうやらこれが「いたち川小川アメニティ」でいいみたいです。

Cimg2879
更に行くと石でできた小さな橋を見つけました。

Cimg2881
本橋、「昇龍橋」はこんなに小さいのに「かながわの橋100選」に選ばれています。
明治時代に造られた神奈川県最古の石橋とのことです。
Cimg2883

更に先へ行くと、川辺に下りることができる場所に出ました。

Cimg2884
川辺にはトンボがいました。ハグロトンボでしょうか。

Cimg2890
こちらはシオカラトンボ?

Cimg2891
川辺から上がると直ぐにまた小さな橋が出てきました。「権現橋」です。こちらは木製です。

とりあえず本日はこれまでです。

2011年7月29日 (金)

銀ちゃんの思い出10:散歩

今晩は、SARUです。

ブログネタが無いので、久しぶりに銀ちゃんの思い出なんかを語ってみようかと思います。

銀ちゃんは「散歩」が大好きでした。外に出るとしり込みしてしまうフェレさんもいると聞きますが、銀ちゃんは兎に角「新し物好き」。外の環境は好奇心旺盛の銀ちゃんにとっては格好の場所だったようです。

こちら、銀ちゃんの初めての散歩です。マンションの目と鼻の先「洗井沢川せせらぎ緑道」です。ただ、ここは一方通行なのですが、よく車が通ります。銀ちゃん、車やバイクの音が気になっているようでした。でもまんざらでもなかったようです。
人通りも結構ある場所で、会う人会う人銀ちゃんを見ると「何これ。」「ねずみ?」「リス?」等と質問攻めに…。「フェレットです。」といっても、「何それ?」「リスの仲間?」等とまた質問…。「イタチの仲間です。」というと、「へぇ。」と…。でも最終的には皆さん「可愛いね。」とおっしゃってくださいました。フェレットの認知度が低いことをこのとき初めて知りました。

2,3回目は現在道路工事がされている道沿いを散歩してみました。カメラを持っていかなかったので写真はありません。ここは車の通らない細道でしたので、銀ちゃんも気兼ねなく散歩を楽しんでいました。

しかし、やはり銀ちゃんが最高に楽しんで散歩した場所は、なんと言っても「荒井沢市民の森」です。

銀ちゃん、疾走しています。家ではこんなに長い距離を走ることはできませんからね。尻尾爆発させて大興奮です。よく聞くと「くくくく」と鳴いているのが分かります。

こちらも同じ日ですが、散歩後半で結構慣れてきたところです。尻尾の爆発は納まってきておりますが、相変わらず楽しそうに疾走&探索です。

そして、更に普段禁止されている

穴掘り。銀ちゃん、ここぞとばかりにガンガン穴掘っています。

こんなに楽しんでもらって、私も連れてきた甲斐がありました。でも、ここも2回しか連れてこれませんでした。もっと銀ちゃんと散歩がしたかったです。

おまけ。

Cimg2119
荒井沢市民の森からの帰り道、ちょっと名残惜しそうにドッグスリングから顔を出す銀ちゃんです。

Logotype03

ちろるの山奥

2011年2月21日 (月)

(フェレット、散歩)フェレットは散歩大好きですよ

今晩は、SARUです。

最近、アクセス履歴をみると、「フェレット」「散歩」のキーワードで私のブログを見つけられて訪問される方が多いです。でも、その訪問先記事というのが「フェレットに散歩をさせてもいいのか?」なるネガティブな記事なのです。

確かに外には車や犬、その糞や毒植物といった危険なものがありますが、飼い主さんが気を付けてあげれば散歩させてもいいと思います。うちの銀ちゃんは散歩が大好きです。広場で疾走したり穴掘りしたりする姿は、こちらとしても喜んでもらえてすごくうれしい気分になりますhappy01

銀ちゃん日記:荒井沢市民の森散歩11月13日」や「銀ちゃん日記:荒井沢市民の森散歩11月13日:穴掘り」等見ていただけると分かると思います。

今後「フェレット」「散歩」で検索をかけた方がこの記事に当たることを願います。

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg2547
ウツボの穴からぬぅっと出てきた銀ちゃんです。昨日の写真と同じ日に撮りました。こちらはイケてませんねcoldsweats01

2011年2月20日 (日)

いたち川プロムナードの梅の林は?

今晩は、SARUです。

昨年春に「『いたち川プロムナードと上郷市民の森コース』散策4」で見つけた梅の林が現在どうなっているか気になりましたので、本日散歩がてら行ってみました。

Cimg2650
これは梅ではありませんが、いたち川プロムナード沿いの民家に生えていた木です。ど派手な黄色い花を咲かせておりました。なんという木でしょうか?

Cimg2556

Cimg2567

Cimg2649
いたち川プロムナード沿いで咲いていた梅、紅、白、桃色と揃えてみました。天気が悪かったので見栄えはいまいちですね。いたち川プロムナード沿いの梅はまだ咲いていないものから咲いてしまって花が落ちてしまっているものまで様々でした。

Cimg2569
カワセミの撮影スポットです。相変わらずカワセミハンターの方々が集まっていましたが、冬でもカワセミが訪れるのでしょうか?
と思っていたら…

Cimg2609
いました、カワセミが…coldsweats02。結構長い間木の枝に止まっていたのでたくさん写真が撮れたのですが、何せ私のカメラは三脚もないコンパクトデジタルカメラ。まともに見えるのがこれくらいでしたcrying。これでも手ぶれで少々ぼやけて見えますね。

Cimg2602
カワセミ撮影スポットの対岸では梅が満開できれいでした。

さて、肝心の梅の林はと言いますと…

Cimg2593
ほとんど咲いておりませんでした…despair

Cimg2594

Cimg2595

Cimg2597
その中でも咲いていたものをお見せします。
まだ時期が早かったですかね。また後日行ってみたいと思います。

Cimg2601
帰り道、何故か民家から4羽の鶏がぞろぞろと…。

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg2548
ウツボの穴から流し眼銀ちゃんです。「俺って、イケてる?」

2011年2月 1日 (火)

銀ちゃん日記:寒さに強いのかそれとも馬鹿なのか…

今晩は、SARUです。

毎朝私が玄関を出るとき、あるいはベランダに出るときに銀ちゃんは隙を見てはサササと外へ出てしまいます。昨日朝等はベランダの手すりに氷が張っていたのできっと氷点下だったのであろうと思います。なのに銀ちゃん、私がゴミ出しに玄関を出ようとした時に、スススとドアの隙間から外に出てしまいました。

「銀ちゃん、寒いでしょ。おいで。」と手を差し伸べますが、銀ちゃんはエアコンの室外機の下に隠れてしまいました。そして隙あらばマンションの廊下に出ようと、室外機の下からこちらの様子を伺いながら顔を出したりひっこめたり…。その間、銀ちゃんは震えてもおらず、少しも寒そうなそぶりを見せずです。

そんなに外に出たいのであれば、休日に散歩に連れて行ってあげてもかまわないのです。ですが、現在は本に書いてある「フェレさんの適正温度」を始終下回っている状態です。銀ちゃんが普通のフェレさんより寒さに強いのであれば散歩に連れて行ってもいいと思われますが、本当は寒いのにただただ外に出たいという「おバカさん」だったら、散歩に連れ出して風邪でもひかれたら大変です。

今度の土曜日は横浜では最高気温14℃だそうなので、銀ちゃんを散歩に連れて行ってみましょうか。いつも行く「荒井沢市民の森」は日影が多いので、そこではなく日向の多いところ、「いたち川」沿いがいいかな?

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg2512
持ち込み検査に余念のない銀ちゃんです。

ありゃ、写真右下、餌が落っこちていますね。これは銀ちゃんのストックではなく、恐らく私が昨日の朝(写真は昨日のものです)落としてしまった餌でしょう。銀ちゃんの餌は消化酵素サプリメント入りです。毎日銀ちゃんの餌を用意するときに、半日分の餌につきマドラースプーン山盛り一杯を餌に振りかけ、餌に消化酵素粉末が均等にまぶされる様にまぜまぜしてから銀ちゃんにあげます。まぜまぜするときにいつも勢い余って餌皿から餌を数個飛ばしてしまうのです。
肝臓の悪い子用に消化酵素入りのおいしい餌があると便利なんですが…。

2010年11月16日 (火)

銀ちゃん日記:荒井沢市民の森散歩11月13日:その他

今晩は、SARUです。

本日は先週の土曜日の銀ちゃんの散歩で撮った写真をご覧いただきたいと思います。

Cimg2102
散歩の最初の方です。尻尾爆発銀ちゃん。

Cimg2103
水辺の銀ちゃんです。おそらくこの水を何回か飲んでいました。澄んでいてきれいでしたので大丈夫ですかね。

Cimg2106

Cimg2107
木登り銀ちゃんです。登ったといってもほんの30cmくらいでしたが…。

Cimg2112
荒井沢市民の森の紅葉です。見頃にはまだちょっと早いですかね。

Cimg2119
散歩からの帰り道、ドッグスリングから顔を出す銀ちゃんです。ちょっと名残惜しそう?

Cimg2121
翌日に撮った寝姿です。銀ちゃん、なかなか起きてきませんでした。

銀ちゃん動画:荒井沢市民の森散歩11月13日

今晩は、SARUです。

本日は先週土曜日に行った銀ちゃんとの荒井沢市民の森の散歩の動画編です。
動画は散歩後半に撮ったものです。銀ちゃんも大分外に慣れてきた頃です。

Logotype03

ちろるの山奥

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2