フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« カブトエビの想像妊娠? | トップページ | ツルムラサキ栽培 »

2014年9月23日 (火)

オクラ栽培

おはようございます、SARUです。

一昨年より始めたベランダでの野菜栽培ですが、ベランダ園芸などの本を見て、「あれを育ててみたい。」「これもいいかも。」といろいろなものに手を出しすぎ、気付いたらベランダがプランターであふれ大変なことに…coldsweats01

折角なので、その中でちょっと変り種かな? と思われるベランダ園芸ご紹介します。

Cimg3927

オクラ」です。 実は昨年に育ててみたいと種を購入していたのですが、種まきの時期を逃し昨年はそのまま「オクラ入り」…。で、今年、種蒔時期ぎりぎり、おそらく6月始だったかと思いますが、種をまき育てました。

「なぜオクラを?」と申しますと、まあ、「好物だから」ということもあるのですが、「花がきれい」とのことだったためです。オクラは「アオイ化」に属する植物だそうで、同じアオイ化にはハイビスカス芙蓉タチアオイなどがあり、オクラの花もこれらの花と似たような特徴を持っているとのことでした。
花を観賞し、その後実(み)を食べられるなんて一石二鳥ですよねcoldsweats01

Cimg3914
こちら、その花です。大きさはハイビスカスより一回りか二回り程小さく、オフホワイト(薄黄色?)の花びらに中央にはえんじ色(ワインレッドと言った方がオシャレ?)を添えた、なんとも上品ないでたちです。

Cimg3915
こちら、「普段」のオクラの様子です。「普段」申しますのは、実は花だけ撮影した写真は花を撮る為に鉢を90°程回転させて撮影したからです。このオクラの花、どうも太陽に向かって咲くのが好きなようなのです。しかも朝ツボミだったものが、会社から帰ってくるともう花を閉じてしまっているか、閉じた花ごと下にボトンと落ちてしまっているかなのです。育て方が悪いのか、一日に咲く花の数も1株に付き1本。毎日咲く訳ではありませんのでなかなか開花が休日と重ならず、重なっても1輪しか咲いておらず、しかもプランターを180°回転させないと花が見えない…。「観賞用」としてはちょっと残念な結果になっていますdespair

実(み)はと申しますと、開花後数日ですぐに大きくなりますので、取り忘れにご注意です。花の咲く本数があれですので実(み)も然りで、収穫は1日に1本。1本ではおひたしや天ぷらなどにはできず、収穫したオクラはもっぱら刻んで味噌汁の具や納豆と一緒に、そばの薬味として利用しています。「食用」としてもちょっと残念な結果でしょうか?

ここで豆知識を1つ。料理方やねばねばした食感、形、名前すべてにおいていかにも「日本的」なオクラですが、実は原産地は北アフリカ。エジプトでは紀元前より食されていたようなのですが、日本で本格的に流通し始めたのはなんと昭和50年頃という、日本においては新参者の野菜なのだとか。
そういえば、アメリカのドラマなどでよく南部料理の代表格として「オクラのフライ」が出てきたりしますが、英語では「Fried okra」とそのまま「オクラ」と言っていたりしていましたっけ。「オクラ」って、日本語ではなく英語だったのですね。

Cimg3928
今朝の「オクラ」の様子です。オクラ上端の一番左は先週末咲いた花の実(み)、一番右は昨日咲いた花の実(み)、残りはつぼみです。収穫適性期は過ぎましたが、まだやる気満々のようです。

« カブトエビの想像妊娠? | トップページ | ツルムラサキ栽培 »

ガーデニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

オクラの花がこんなに綺麗だとは知りませんでした。
他の仲間の品種も華やかなものばかりです。

でも、見れる時間帯も限られてほとんど見られないのも残念ですね。収穫も一日に一本ですねので綺麗ですが、作物としては微妙ですねcoldsweats01

こがっちさん、コメントありがとうございます。

芙蓉やタチアオイなんかはたくさん花を咲かせているのを良く見ますが、オクラもそうであってくれれば良かったのですが…。

 カブトエビ以来なかなか更新が無かったので更新に気づきませんでした。

 オクラは私も大好物で弁当に入れる野菜として必ず買うものです。
なんといっても納豆(納豆は好きですが買い置きを駄目にしてしまうほどなかなか封を開けない)やなめこのように粘り気のあるところがいいですね。

 私の場合はオクラを3ミリ幅くらいで刻んで同様に刻んだきゅうりや、ミニトマト、ツナ缶のツナを一緒にフレンチドレッシングで和えて弁当に詰め込んで持って行くことが多いです。
それか単純にオクラと長ネギを刻んで生わさび(わさびはチューブのものですが)鰹節、醤油で和えてご飯のおかずにしたり、時には今旬である秋刀魚を焼いた上にかけて食べます。

 オクラをベランダで栽培するなんて粋ですね。
そろそろお嫁さんも如何ですかね。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

 ポン太さんはオクラを使った和洋さまざまな料理をご存知なんですね。今度試してみたいと思います。
 現在、オクラをスーパーで見かけなくなり、自宅のものも何週間かぶりにやっと本日1本取れたように、もう時期はずれになってしまったようなので、来年に期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/60321524

この記事へのトラックバック一覧です: オクラ栽培:

« カブトエビの想像妊娠? | トップページ | ツルムラサキ栽培 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2