フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

サザエさん現る!?

今晩は、SARUです。

一昨日、パソコンに向かって仕事をしていると、端末エミュレータ(DOS窓見たいなようなもの)の裏からかの有名な国民的アニメのトサカの付いた主人公が、「サザエでございまぁ~す。」と言って突然飛び出して来てびっくりsign03

まあ、幻覚、夢の類でしょうcoldsweats01

今やっている仕事はプログラムの修正で、ひたすらソースコードを眺めて修正箇所を探すこと。椅子にじっと座り体を動かさずパソコン画面を凝視していると、どうも血の巡りが悪くなり頭が酸欠状態になるよう。今までも修正箇所を探していたはずが、ただ文字を追っているだけだったことにハッと気付いたり、ソースコードの層がパイ生地の層に見えてきたり、ソースコードの中に吊り下げられたたくさんの提灯が見えてきたりとありました。
でもさすがにサザエさんにはびっくりです。

それにしても、なぜサザエさん? ここ最近「サザエさん」なんて見ていないのに…。

2012年6月23日 (土)

折れてしまったキュウリその後

今晩は、SARUです。

先日折れてしまった(折ってしまった?)キュウリのその後です。
その前に、まずは折れたところの処置と言いますのが、下の写真。

Cimg3668
割り箸の添え木を当て、布テープでぐるぐる巻き。処置の方法も方法ですが、なんとも痛ましいお姿…sad

で、折れた先はと申しますと、

Cimg3669
ちゃんと成長しております。折れた当初はつるが朝顔支柱の最上の円形部分までしかなかったのが、それよりも上まで伸びております。そして今朝は花まで咲きました。黄色い花、下が雌花で上が雄花です。つるの先にも雌花のつぼみがちらり。

キュウリ、とりあえずは安心でしょうか。

ちなみにトマトは、

Cimg3670
ミニトマトは大分前から実を付けておりましたが、やっと色付いてまいりました。一番赤いのは明日あたり収穫できるでしょうか?(でも、ミニトマト1つだけ収穫しても…。)

Cimg3671
普通のトマト(桃太郎)も大分前から実が付いていたのですが、手前がどうも最近大きくなっていないように見えます。大きさは普通の紙コップにすっぽり入る程度。奥は成長が見て取れます。

2012年6月19日 (火)

キュウリが…

今晩は、SARUです。

私の住むマンションの目の前にある無人野菜販売所にキュウリやトマトが並ぶようになりました。「もうキュウリやトマトが成る季節になったか。」と思いながら我が家のキュウリとトマトを眺める…。
トマトはもう結構前から実が出来てはいるのですがなかなか赤くはならず、キュウリはまだまだ苗の成長が十分ではなく、雌花は咲きますが実は大きくならずに落ちていく状態です。
それでも今朝はキュウリのツルが結構伸びており、本葉5枚もクリアー。「そろそろ実の成る雌花が咲くかなぁ。」とわくわくしながらも、ツルをプランターに立ててあるアサガオ支柱に誘引しようとしました。我が家のキュウリのツルは結構太くて硬くちょっとやそっとでは曲がらず、ちょっと力を入れてツルを曲げたところ、なんと、ツルがポキっと…。

「あっ、あぁぁぁ~っ。」shock

こんなところで、なんてことを…。苗選びやプランター作り、水やり液肥やりの日々が走馬灯のように流れること約1秒。そして、「あっ、諦めるのはまだ早いっ。キュウリは接ぎ木苗が売っているくらいだから、折れたツルをくっつける方法だってあるはずっsign03
とりあえず、皮一枚で繋がっているツルに濡らした綿を巻き、ワイヤータイで固定して応急処置を施し会社へ。
休み時間にキュウリのツルが折れてしまった時の処置を検索していると、苗の接木を行う要領でくっつくとのこと。また、ただ布テープで巻いておいてもくっつくものなのだとか…。

家に帰り早速折れたツルに添え木をして布テープで巻いてみました。更にツルがあまり動かないように、また再びツルが折れないようにそっとツルを支柱にタイラップにて固定をしました。

さて、折れたキュウリのツル、きちんとくっつくことができるのでしょうか?

運の悪いことに、本日夜は台風が到来するとのこと。つい先ほどまで静かだったのですが、今急に外から風の音がびゅんびゅんと聞こえ出しました。一応ベランダのプランターはベランダの奥へ移動させておきましたが、はたしてキュウリは無事生き残れるのでしょうか? (他のプランターも心配…despair。)

2012年6月12日 (火)

知らぬ間にインストールされてるぞっ!!

今晩は、SARUです。

本日、PCをいじっているとどうも日本語入力に違和感が…。よく見ると、日本語入力が「Baidu IME」なるのもに変化しているではありませんかっsign03
「あれっ、いつの間にっ? MS IME のバージョンアップ版なの?」と疑問に思いネットで調べてみると、MS IME とは全く別物ということが判明。恐らく、本日PCを立ち上げたときに「Adobe」のなんらかのソフトのアップデートがあったので、その時にまぎれてインストールされたものと思われます。
速攻でアンインストールし、元の環境に戻しました。

最近、ソフトのアップデートで「…もインストールしますか?」なる余計なものをくっつけてくるものが多いですよね。インストール画面で画面の記述をよく見ずに「Yes,Yes」とボタンを連打していると、とんでもないものもインストールさせられてしまいます。

気を付けなければ…。

2012年6月 9日 (土)

安売り野菜

今晩は、SARUです。

最近スーパーでよくキュウリやらブロッコリーやら野菜の安売りをするのでよく利用させてもらいます。キュウリなんか1本19円とかなりの破格で、ぬか漬け好きの私にとっては大助かり。

ただ思い返してみると、その破格野菜のほぼすべてが「福島産」となっていた気が…。これってやはり東電と国がやらかした大失態のせい? 売り物ですからまあ食べても大丈夫だとは思いますが、「福島産」となると皆さん敬遠してしまって普通の値段では売れないのでしょうか?

2012年6月 8日 (金)

虫発生

今晩は、SARUです。

今年3月辺りから始めたベランダ園芸ですが、プランターに用土を満たし種を撒いたり苗を植え付けたりして、とりあえずは枯れずに順調に育っておりました。が、とうとうやってきてしまいました、第二の試練。それは「」です。

まずはベビーリーフ。先月始め辺りでしょうか、葉っぱがかなり穴ぼこだらけに…。大きい虫は見当たらないのですが、葉をめくってみると裏に結構な量の長さ2~5ミリ程度のめちゃめちゃちっこい深緑の「芋虫」…。恐らく「ヨトウムシ」かと思われます。まずは木酢液とトウガラシ、ニンニクで作った手造り農薬を撒いてみたのですが、全く効果なし…。食べるものなので農薬は極力避けたいと思い、次に手でプチプチと潰して駆除。このプチプチの感触がなんとも気持ち悪く…shock。それでも追い付かず、とうとう農薬を使うことになってしまいました。野菜用の農薬で、収穫前1日まで撒いてもとりあえず平気ってことだったので撒いてみましたところ、見事にヨトウムシ全滅 ヽ(´▽`)/。
さて、今後の虫対策ですが、「農薬は使いたくないから、近くにハーブでも置いて虫よけにするか。」ということに。調度100均の小さなプランタにばらまいたバジルの種が4葉程の大きさになっていたので、この苗をいくつか別取りして小鉢に植えてベビーリーフハンギングにひっつけようかと。ところがなんと、バジルの葉には茶色くて曲がりくねった筋が着いてしまっていましたsad。「ハモグリバエの幼虫」が食べながら葉の薄膜内をはいずり回った跡です。「あんた、ハーブでしょうが。匂い撒き散らして害虫を跳ねのけるんでないの?」と思ったのですが、実はそうでもないようで、ハーブにも虫は着くようです。こちらは葉の中をはいずり回っているので虫を手で取る訳にも行かず、とりあえず被害に遭った葉を全て取り去りました。
「はて、ではどうやって虫を回避しようかしらん。」と悩んでいると、なにやらハーブの「レモングラス」が虫よけになるとのうわさを入手。うちにはレモングラス本体は無いので、アロマオイルのレモングラスを脱脂綿にしみこませ、ベビーリーフのハンギングには中心上空に吊るし、バジルには脱脂綿を直接プランタに置いてみました。この方法、結構調子よく、ずっと虫が発生することがありませんでした。

…が、一昨日ベビーリーフを見たところ、今度はアブラムシが大発生。「なんで? 今まで着かなかったのに?」 とりあえず駆除できる範囲でしたので、手でプチプチと潰しました。感触、ヨトウムシよりは気持ち悪くないでしょうかcoldsweats01
バジルの方は何事も無く成長をしております。ちなみにトマトのプランターにもバジルが植えてありますが、特に虫が着くことも無く元気です。トマトとの寄せ植えが功を成しているのでしょうか?

あぁ、それからアブラムシと言えば「ビオラ・パンジー」。先日背が伸び続けるビオラ・パンジーのお話しをしましたが、実はこれ、「徒長」という現象で、株が弱っている証拠なのだそうです。春先に切り戻せばこの現象を回避できるそうですが、時は既に5月でもうビオラ・パンジーは終わりの時期。とりあえず4株あるうちの1株は既に葉が枯れ死滅、2株は徒長状態にあったので切り戻しをしてみて、残り1株は徒長も無かったのでそのままにしておきました。しかし切り戻した2株は葉がちょろちょろと生えてきただけで生成せずでした。そして「季節が終わった一年草株は取り除かないと虫が発生しましよ。」なる情報を入手し、「あぁ、うちのビオラもそろそろかなぁ。」なんて思っていた矢先、湧いてきてしまいました、アブラムシが…。今週日曜日に適当な初夏の花を買ってきて植え替えをしました。

トマトときゅうりは特に虫もつかず順調のようです。でもキュウリは葉の表面が白く点々としており、「もしかしてうどんこ病?」な感じですが、とりあえずは様子見です。

2012年6月 3日 (日)

キセルって流行ってるの?

おはようございます、SARUです。

先月のJR改札口での出来事。
改札を出ようと改札口に向かっていました。人はまばらでほとんどいませんでした。
改札口の手前まで来た時の時点で、私の前には私の前に女性の方が一人、その横の改札口をに向かっている男性が一人でした。
そして女性が改札口に入ったとたん、横改札口を使用するかと思われた男性がすっと私の前に横滑りしてきて、改札口を出る女性の後ろにぴったりとくっついて女性と一緒に出て行ってしまいました。改札にほぼ二人同時に入ったため、当然、私の目前で改札が「ピンポン」となり改札口は閉じられ、私は足止めを食らうことに…。
お客はまばらで、男性の前には人がおりませんでしたから、改札口を変える必要もなかったはずです。明らかにキセルを目的とした行動! その男性は一応ICタグの上に定期入れらしきものを「バン」とたたき付けておりましたが、これは偽装でしょう。

さて、こちらは昨日。今度は電車に乗ろうと改札口を入った時のこと。改札口を通り抜けると直ぐに後ろで改札が「ピンポン」となりました。「えっ。」と思い後ろを振り返ろうとすると、私の背後から男性が早足で出てきて、そのまますたすたと駅のホームへと続く階段を登って行ってしまいました。今度は私がキセルに利用された?

金銭的に損は無いのですが、なんだか損したような気分…。

それにしても、短期間でこんなにキセルをする人を見かけるとは、やはりキセルをする人は多いのでしょうかね。お金が無いのはしょうがないですが、だからと言ってキセルをするのは…。

お金が無ければ歩きましょう!!

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2