フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

銀ちゃん一周忌および銀ちゃんの思い出15

今晩は、SARUです。

お久しぶりです。皆さんお元気ですか?coldsweats01
ちとやる気が出ませんで、ブログサボっていました。

5月26日は銀ちゃんの一周忌でした。27日にはお寺さんでお経をあげていただきました。

そして本日は久しぶりに銀ちゃんの思い出動画ということで…。
見発表のものですが、まあ、「NG」動画です。

銀ちゃんが牛さんを一生懸命運んでいたので、その様子をカメラに収めようとしたのですが、銀ちゃん、急にやる気を無くし…。プピーなど使って誘ってはみたのですが、このときは結局再び牛さん運びをすることはありませんでした。
この動画のあと、あの「コテん」動画(リンク先の最初の動画)が撮れた次第です。

無駄に長いですが、私と銀ちゃんの意思の疎通の無さを存分にお楽しみくださいcoldsweats01

ちなみに牛さん自体に埋め込まれたプピーは洗ってしまったために壊れています。

2012年5月13日 (日)

キュウリって…

こんにちは、SARUです。

キュウリって雄花と雌花があるんですね…。先日咲いていたのは「雄花」。「こんな低い位置に実が着いたら…。」なんていう心配は必要なかったんです。参考書籍にも、「雌花が咲き始めました。」なんて書いてあったのを、「めしべの間違いじゃないの?」なんて思っておりました。

恥ずかし~っ (/ω\)

恐らく学校では習ったはずなのですが、忘れてしまっていたのですね。
いや~っ、園芸もいろいろと勉強になりますなぁcoldsweats01

ちなみに最初は「雄花」のみが咲いて、「雌花」が咲き始めるのはツルの成長が止まって(先端の芽を切って強制的に止めて)脇芽が伸びてきてからだそうです。
って、こういうことは皆さんご存知なんでしょうねcoldsweats01

2012年5月11日 (金)

粉系はダメ?

今晩は、SARUです。

昨日、ココアにちょっとお洒落してココアパウダーを表面に浮かべて飲んでみたところ、むせてココアを吹き出してしまいました。カーペットに染みが…。
そういえば、ニンジンジュースにクローブ粉末を浮かべて飲んだきも、粉砂糖のまぶしてあるクロワッサンを食べたときもむせて吹いていましたっけ…。龍角散も吹いてしまったことがあります。
私、粉系は苦手?

2012年5月10日 (木)

野菜栽培始めました:キュウリ

今晩は、SARUです。

今年3月末よりベランダ菜園を開始した私ですが、ベランダ菜園に関する書物を眺めていると「あれも作りたい。これも作りたい。」と沸き立つ欲求は量りしれず…。しかし、初心者があれもこれもといろいろ手を広げると世話しきれず破たんする恐れもあるので、とりあえず最初はせいぜいトマトぐらいまでにとどめておこうと思っておりました。
…がしかし、ぬか漬け好きとしてはどうしてもこれが作りたい…。それはshineキュウリshine
「取れたてのキュウリをぬか漬けにしたらどんなにおいしいことだろうか…。」と思いをはせること数日、結局栽培始めてしまいましたcoldsweats01

プランターは、どうやら「たなかやすこ」さん著書「【送料無料】【バーゲン本】育てて味わうベランダ野菜レシピ」では不織布のプランターを使用しているようなので(キュウリについては特にプランターの指定はありませんでしたが。)、それに倣い、不織布プランターをインターネットで手に入れました。用土はもちろんひゅうが土を使用したものです。

さて、本体についてですが、今回も苗からの栽培で、「ザ ガーデン 港北NT店」で求めました。当日はお店で大売り出ししていたのか、いつもはガラガラの駐車場が今回は全部埋まっていました。そろそろと駐車場に車を進め、「はて、どうしようか。」と思った矢先、運よく手前で車が1台出て行ってくれたので車を止めることができました。
お店に入るとやはり結構な人だかり。また大売り出しということで、たくさんの花の苗に混じり普段は見ない野菜の苗が摘まれたコンテナがズラリ。
トマトもそうでしたが、キュウリもやはり結構いろいろな種類のものがあったので、ここは「シンプルかつお安く」ということで一番お安い苗をゲット。56円なり(だったかな? トマトより安かったのは事実。)。
「育てて味わう…」ではキュウリ単体での栽培だったのですが、ここはやはり病気対策としてコンパニオンプランツを一緒に植えたいところ。キュウリの青枯病を防いでくれる「チャイブ」とアブラムシを遠ざけアブを呼び寄せ受粉を助けてくれる「ナスタチウム」を選びました。
「チャイブ」はアサツキに一種(というより、アサツキの方がチャイブの変種)でアサツキのように使えますし、ナスタチウムは花を観賞する植物ですが、葉、花、実と全て食用にすることもできるそうです。

そして出来ましたのがこちら

Cimg3639
ナスタチウムが目立ち過ぎてキュウリが分かり難かったので、写真に文字を入れました。

さて、キュウリプランターをセットしたのが4/29でしたが、そして本日(5/10)、

Cimg3648
苗自体はほとんど大きくなっていないのですが、なんと早くも花が咲き始めました。でも、こんな下の方に花が咲いてしまって、キュウリが出来てきたらどうなってしまうの?

ちなみに

Cimg3647
ミニトマトの方にも花が咲いておりました。
葉が黒いのは病気? 手造り農薬を散布しないといけないかな?

不織布プランター直径30高30(cm)×3枚

不織布プランター直径30高30(cm)×3枚
価格:1,660円(税込、送料込)

2012年5月 7日 (月)

ひまわりモヤシ

今晩は、SARUです。

マイブーム(死語?coldsweats02)となっているカイワレ、モヤシ栽培ですが、今回は

Cimg3645
ひまわりのモヤシです。

種自体はおつまみとして食べたりしますが、モヤシとしては珍しいのではないでしょうか?
しかし欧米では結構モヤシとして食べられているそうです。

お味は、特においしいとも何とも…。モヤシの味ですcoldsweats01
ビタミンC、Eに富むそうです。

2012年5月 3日 (木)

我が家の恐るべし植物たち

こんにちは、SARUです。

今年の2月の終わり頃、昨年アサガオを育てた鉢に母がパンジー・ビオラの寄せ植えをしたのですが、それが現在すごいことになっています。

Cimg3640
植えた当初は鉢にこじんまりと可憐に納まっていたパンジー・ビオラでしたが、4月に入ったとたんいきなりあれよあれよというまに育ち、写真の如く鉢から飛び出しわさわさに…。可憐さはどこへやら、なんだか雑草並みのボリューム感…。
ちなみに銀色の葉に薄紫の花はエレモフィラニベアで、後ろにやはり銀色の葉を持つシロタエギクもあります。

こんな状態のパンジー・ビオラでしたので、銀ちゃんにもちょっとお裾分けしたのですが、

Cimg3638
なんと、切って水だけの状態(ただ切り花活力剤は使用しています。)で花が次々と咲き茎も伸びてしまったのです。4/26切り花を花瓶に生けた当初はみな写真のシクラメンの高さ程に揃えてあったのですが…。パンジー・ビオラって、こんなにずぶとい植物なのでしたっけ? なんとも恐るべき生命力…。

ちなみにシクラメンは2年越しのもので、昨年の春に花を終えたものが4株あるうちの2株だけ葉が残った状態で夏を越し、そして今年2月始め頃から(だったかな?)そのうちの1株の方に花が咲き始めた次第です。もう一方の株は花芽が葉に隠れて出ているのは確認できたのですが、一向に葉の外に姿を見せず…。で、4月に入ってやっと小振りながらも花を咲かせた状態です。

Cimg3642
現在のシクラメンの状態です。2月より咲き続けている株が左、4月にやっと咲き始めた株が右です。左の株はまだまだ元気で、次から次へと花を咲かせております。シクラメンって冬の花かと思っていたのですが、普通こんな時期まで咲き続けるんですかね。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2