フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« スプラウト栽培に挑戦 | トップページ | 今更何ですが、2月飾りをフェルトで… »

2012年2月18日 (土)

カイワレ栽培に挑戦

今晩は、SARUです。

「ベランダ園芸」で「眺めて楽しい窓辺を作りたい」と思っていましたが、所期の目的から外れて食い気に走って「家庭菜園」を作ろうとしている私。前回は「スプラウト栽培」をご紹介しましたが、今回は「カイワレ栽培」についてです。

用意するものは
○カイワレ栽培用の種
○スポンジやキッチンペーパー等(土台)☆、緩衝材(プチプチ)★およびガーゼ★
○栽培用容器(そこそこ深みのあるもの)
○その他、暗所を作るための新聞紙★、保温用ビニール★、水等

栽培方法は
1.カイワレ栽培用種を一昼夜水につける。
2.かき混ぜてそれでも浮いてくる種は発芽しないので除く。
3.栽培用容器に厚めにスポンジやキッチンペーパーを敷き、しっかり濡れるまで水を入れる。
4.上記スポンジやキッチンペーパーの上に重ならないように種をまく。
5.発芽条件は20~25[℃]。暗所に置き種がしっとり濡れるまで霧吹きなどで水を与える。根がはったら直接容器に水を注ぐ。水は毎日取り換える。
6.芽が5~6[cm]に伸びたら窓際などに置き日光を当てて緑化させる。
7.1~10日程で収穫。

上記は購入した種の袋に記述されていた内容ですが、私が調べた本(タイトル忘れた)では、土台は緩衝材をプチプチが上になるように4段重ね、その上にガーゼを引きます。プチプチを4段重ねにするのは根を張るための厚みを付けるためと言うことなのですが、プチプチはビニールなので4枚重ねても上一枚で根はブロックされてしまうのでは? とちょっと疑問…。
種をガーゼに撒いた後は以降、乾いたら霧吹きで水を与えるようにします。発芽するまでは新聞紙などでふんわりと覆いをかけて、冬はポリ袋に入れて保温します。発芽したらカーテン越しの日光に当てて育て、芽が3[cm]になったら収穫と言うことでした。
ちなみに「用意するもの」で後ろに★が付いているものが本に書かれている方法で栽培するために必要なもの、☆が付いているのは種の袋に書かれている方法で必要なもの、なにも付いていないのが共通で必要なものです。

さて、我が家のカイワレはといいますと

Cimg3512
こちら。栽培は調べた本の方法で行いました。種は「ブロッコリー」です。種をまいてからもう12日目(2/18現在)ですが、まだ3[cm]に達していないものがちらほらと…。もう一日様子を見て収穫したいと思います。
先ほどの「疑問」ですが、案の定、根は上のプチプチでブロックされてちょっとガーゼが浮き上がってしまっている状態です。かろうじて容器の縁にある芽だけはプチプチと容器の隙間から下に根をはれているという状態に見えます。心なしか根をはれている容器の縁側の芽のほうが良く育っているように見えます。

本では容器のまま冷蔵庫に入れて3~4日そのままの状態を保存できるとのことでした。種の袋には「ワイングラスやデザートの容器などを利用して、お部屋のインテリアグリーンにもおすすめです!!」なんて書かれておりました。ちなみに我が家の容器は100円ショップで購入したカップケーキ用の容器です。ちょっとお洒落を演出してみました。

本容器、直径約8[cm]です。種はスプーン一杯を使用しております。容器にまいたときはちょうど隙間なく全体に種が置かれた状態になりましたが、いざ育って見るとちょっと芽がキツキツになっているようです。
ちなみに

このような容器もあるようです。


こちらは種付き。
網を張ることが出来ればうまく根も伸び、また再利用もしやすくなるかもしれませんね。

現在カイワレ系は「ブロッコリー」の他に「からし菜」、「レッドキャベツ」を栽培しています。「ブロッコリー」はカロチン、ビタミンC、E、Kが豊富で抗酸化作用でガン抑制効果があり、「マスタード」はピリッとした刺激のある味でビタミンB群、鉄分、酵素が豊富で血液浄化作用、腸内細菌の活性化に有効、「レッドキャベツ」はマイルドでくせが無い味で、肉類の消化を助ける酵素が豊富でおよび抗酸化作用が強く、ビタミンCも豊富だとのことです。

ところで、上写真の左にちょこっと見えるもの、これもカイワレ系の野菜ですが、実は「一度で二度おいしい」と言われる「トウミョウ」です。スーパーで買ってきたもの芽の下部を少し残して切って、上部は料理に。そして下部は捨てずにそれを水に漬けておくと再び芽が出てきて再収穫ができるので「二度おいしい」と言うことなのです。我が家の「トウミョウ」はと言いますと、

Cimg3513
順調に育っております。ちょうど1週間目くらいでしょうか? もう収穫してもいいかもしれません。最初の3、4日はうんともすんとも言わず状態で「失敗かな?」と思ったのですが、その後、切った芽の株から脇芽が出てきてあれよあれよと言う間にこんな状態に…。トウミョウ、恐るべし…。もしかしたら「三度おいしい」ということにはならないか? ちょっと試してみたいと思います。
前回の記事のコメントでポン太さんがおっしゃっているのはこの「トウミョウ」のことですかね?

「トウミョウ」は煮ても炒めても生でもおいしいので重宝する野菜です。

« スプラウト栽培に挑戦 | トップページ | 今更何ですが、2月飾りをフェルトで… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SARUさまは、
いろいろ挑戦されているのですね!
昨年夏、メイママはミニトマトを育てましたが、
どんどんどんどん収穫できるので面白かったです。
自分が育てて収穫できると、やっぱり嬉しいですよね!

メイママさん、コメントありがとうございます。

私も以前住んでいたアパートのキッチンでミニトマトを育てていましたが、びよびよ伸びるだけで結局花すら咲きませんでした。東の出窓に置いておいたのですが、どうも朝日だけでは日の光が足らなかったみたいです。
今年はミニトマト、再挑戦してみましょうか?

カイワレ大根はポン太の必需野菜です。
一度無造作に生えさせ収穫した事はありますが、1パック38円で買える事から長続きはしませんでした。
SARUさんはホントにマメですね。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

カイワレ大根は確かに安いですよね。買うのと自家栽培するのとでは、金額的にはもしかするとトントンか上でしょうか? でも、からし菜やレッドキャベツ等のカイワレは売っておりませんし、それはそれで値打ちがあるもんということで(…と自分でも信じたいですsweat02。)。手間もほとんどかからず収穫できますし…(と申しましたが、実は…coldsweats02。今後のブログに乞うご期待ですsign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/54016806

この記事へのトラックバック一覧です: カイワレ栽培に挑戦:

« スプラウト栽培に挑戦 | トップページ | 今更何ですが、2月飾りをフェルトで… »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2