フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« キョウナ? | トップページ | カイワレ栽培に挑戦 »

2012年2月16日 (木)

スプラウト栽培に挑戦

今晩は、SARUです。

先日、私の住むマンションの向かいの山が禿山にされてしまったことを報告しましたが、向かいの山の竹林のおかげで庭要らずだった我が家もなんだか寂しくなってしまいました。と言うことで、今年は「ベランダ庭園」を作ってみようかなと思っておりました。ただそのうち、「なんか食べられるものも作ってみたいなぁ。」と思い始め、最近では「家庭菜園」を目標にいろいろ調べている最中です。
そこで、「スプラウト栽培」について書かれている記事を発見しました。スプラウトと言えばビタミン、ミネラルの宝庫で更にガン予防にもよいとされる野菜。しかも記事を見るとものすごく簡単に作れてしまう。「これを作らずに『家庭菜園』ができるものか。」 と言うことで、種を手に入れてスプラウト、栽培してみました。

用意するものは、
○スプラウト栽培用の種
○広口ビン
○ビンの口を覆えるほどのガーゼ
○輪ゴム
○その他、暗所を作るための黒布、水

 

作り方はものすごく簡単。

1.種スプーン1杯で1カップ容積分のスプラウトができる。広口透明ビンに種を入れて水を張り、一昼夜置く。
2.かき混ぜてまだ浮いている種は発芽しない種なので除き、ビンの口にガーゼを覆い輪ゴムで止める。
3.以後の処理はガーゼをしたままです。水を捨て、また水を入れ、シャバシャバよく振って再び水を捨てる。これを2~3回繰り返す。
4.濡れた種が偏らないようにしてビンを横に寝かして暗所に置く。
5.1日に1,2回(冬場は1回、夏場は2回) 3. の処理を行う。スプラウトは発芽、成長時に老廃物を出すので、水洗いはこの老廃物を除去するための処理。
6.発芽条件は20℃前後。1~2日で発芽、1週間から10日で収穫。収穫前に2,3時間日に当てると芽が青くきれいになる。

ビンは100円ショップで購入。我が家ではガラスビンではなく透明のプラスチック容器を用いました。収穫後、容器を再利用するのに熱殺菌をしたかったからです。100円ショップのガラスビンは耐熱性があるものが無く、プラスチックでは耐熱容器があったのです。それにガラスよりは軽いし割れにくく扱いやすいので。
種はこちら

いろいろ選べて送料無料だったので…。まずは「アルファルファ」でのスプラウト栽培に挑戦です。暗所は黒布を使用せず台所の戸棚の中です。

ちなみに、「シャバシャバ洗いも面倒臭い。」と言う方には、このような製品もあるようです。

本家?)

さて、出来たのがこちら。

Cimg3507
ちょっとまだ日数が足りなかったようです。これは暗所に置いてから9日後です。収穫日は曇りだったので日中窓のそばに置いておきました。

食べるときはスプラウトをよく洗って種の殻を取ってください。と言いながらも、うちではなかなか種の殻が取れなかったので構わず食しています。
ラーメンやみそ汁等に入れておいしく頂いております。

スプラウトはスーパーで購入すると大体75[g]が200円弱です。本種は先ほどの「めぶき」さんで購入すると160円強、少し食べてしまった後でしたが出来たスプラウトは量ったところ約80[g]、本種の分量は上記プラスチック容器で2回栽培できる程の分量でしたので、プラスチック容器は半永久的に使えるため値段に考慮せず、水と手間賃を考えてもうちで作った方が安く上がるのではないかと思われます。

現在は「白ゴマ」のスプラウトと「アルファルファ」のスプラウト2回戦目を挑戦しています。ちなみに「アルファルファ」の発芽は1日程(水に漬けておいたときに既に発芽しているのもありました。)でしたが、白ゴマは3日目にやっと根っこがちょろっと出てきたと言った感じです。

このスプライト栽培で「もやし(大豆モヤシ)」もできるということなので、今度種を買って挑戦したいと思います。

また、今回の種購入の際、カイワレ系の種も購入して栽培しております。次回はカイワレ栽培についてご紹介したいと思います。

« キョウナ? | トップページ | カイワレ栽培に挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 勉強になります。
スプラウトという言葉すら知らなかったポン太ですが、以前カイワレ大根のカットした後の茎から下(スポンジも付いてます)をとっておいて、水耕栽培のようにしたらまた食べられるほどに成長しました。
SARUさんのも見方によってはカイワレ大根のように見えますね。

 家庭菜園は自然の恵みを身近に体験するのにはうってつけだと思います。
カラスなどに狙われないようにして、ハーブやミニトマトなんかも育てると面白いかも知れませんね。
これに浜松名産の新玉葱を薄くスライスしたものを和えて、わさびドレッシングなんかで頂くとご飯が美味しいと思います。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

スプラウトは「ガン予防」の野菜として大分前に有名になりました。カイワレよりやわらかくくせのない味なので、サラダに大量に入れたりみそ汁に入れたり、そして栄養豊富なので結構重宝する野菜です。

家庭菜園を始めるに置いてカラス対策も現在検討中です。何せ家の周りでは結構カラスが飛んでおりますので…(ベランダに降りて遊んでいたことも…。)。

新玉葱は生でいけるんですね。なんか普通の玉葱と見た目が違うのでちょっと敬遠しておりましたcoldsweats01。今度試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/54001258

この記事へのトラックバック一覧です: スプラウト栽培に挑戦:

« キョウナ? | トップページ | カイワレ栽培に挑戦 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2