フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策1 | トップページ | 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策3 »

2011年8月 8日 (月)

「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策2

今晩は、SARUです。

本題に入る前に一言。本日会社の帰りに「いたち川プロムナード」を歩いていると、一匹のセミが私の直ぐ目の前を高速で横切りました。「危ないなぁ。当たったらどうすんねんangry。」と思っていると、大いたち橋を渡ったところで別のセミが今度は私のおでこにゴチン。「イテッ。」と思いましたが、ダメージはあまりありませんでした。それより当たってきたセミの方が大丈夫かどうか…。でも私は悪くないっsign03 当たってきたセミが悪い。セミにも前をよく見て安全運転を心掛けて欲しいものです。

本題に入ります。前回は「いたち川小川アメニティ」の「権現橋」の手前までをお話ししました。この「権現橋」を渡ると…

Cimg2893
そこは素の畑道…。「おいおい、『いたち川小川アメニティ』さんよぅ、こんなんでええんかいっ。」と思わず突っ込みを入れたくなりました。

Cimg2895
ちょっとアレですが、交尾中のトンボ(押してsign03)。この格好のまま空飛んでました。このトンボたち、別種じゃないかと思えるくらい体の色が違いますね。でもこれらは同種の「シオカラトンボ」なのだとか…。黄色い斑点が見える方が雌で、「シオカラトンボ」の雌はこの姿から「ムギワラトンボ」とも呼ばれるそうです。

先を進むと突き当たりにいたち川、そして左手には

Cimg2897
草ぼうぼうの細い登り道がありました。ここでいたち川とはしばしお別れです。

Cimg2898
細道の左側は畑ですが、畑の向こう側はまあまあ結構な眺め。しかし細道の右側は何やらコンクリート工場か、あるいは何か建物でも建てているのか、車や機械の音がやかましかったです。

Cimg2901
頂上にベンチのある広場がありましたが、ベンチは崩れかけており、広場は草ぼうぼう…。全く手入れ無しです。ここで3か所も蚊に刺されてしまいました。

Cimg2902
やぐらを発見したので登ってみようと思ったのですが、

Cimg2903
うん? 登れない?

Cimg2904
「危険」だそうです…coldsweats01

Cimg2905
広場を抜けると道は直ぐに下り坂でした。

Cimg2907
季節外れの紫陽花です。

Cimg2908
いたち川とも再会です。

Cimg2912
小さい橋を渡り、一度環状4号線に出ます。写真では左手の(比較的)大きな橋を渡るのではなく真直ぐに進みます。

Cimg2909
大きな橋のたもとに売り家の看板がありました。どれも斜面に建てられていて、まあ、すんごいお宅…。

Cimg2913
ちょうど写真の右端の家が看板の右から2つ目の家のようです。そして写真の左端にも似たような家…。ということは、真ん中の斜面も宅地なのでしょうか?

Cimg2914
先ほどの道を真直ぐ行くと見えてきました、環状4号線。

Cimg2916
環状4号線を出て歩くと直ぐに「長倉町小川アメニティ」の入り口に着きました。

Cimg2917
「長倉町小川アメニティ」の入り口にあった看板です。
あれ、看板の「権現山展望台」って、もしかしたら先ほどの登れなかったやぐらのことかな? こんな立派な名前があるのでしたら、もうちょっと手入れをして登れるようにしてくれればいいのに…coldsweats01

Cimg2919
「長倉町小川アメニティ」の様子です。両脇は民家が迫っており、生活音ダダ漏れでした。

Cimg2920
手押しポンプの井戸がありました。手押しポンプは残念ながら壊れていて水は出ませんでした。「飲まないでください。」なる張り紙があるのですが、これでは飲めません…。

「長倉町小川アメニティ」は一度広い道路に出て…

Cimg2923
直ぐ広い道の右側に続いておりました。

Cimg2924
ここまで来ると、民家からは少し離れていますし環状4号線からも離れていますので、静かでヒグラシの鳴き声が心地よく響いているだけでした。

Cimg2926
「長倉町小川アメニティ」の細道を突き当たりまで歩き、左側にある階段を登ると、そこは「横浜自然観察の森」の入り口です。

本日はここまでです。

« 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策1 | トップページ | 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策3 »

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 いたち川という名前がまたいいですよね。
こんな風景のあるところにポン太は住んでみたいものです。
小川のせせらぎの音に耳を傾けながら散策するのもいいでしょうねえ。

 そして家に帰ってヒグラシの鳴く声を聴きながらビールをぐいっと飲む。
いやあ風流ですなあ。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

この「いたち川」、由来は動物の「イタチ」とは全く関係ないようなのですが、現在は動物のイタチの「タッチーくん」なるキャラクターなど作ってしまって、完全に動物の「イタチ」を意識しちゃっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/52426446

この記事へのトラックバック一覧です: 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策2:

« 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策1 | トップページ | 「いたち川小川アメニティと横浜自然観察の森コース」散策3 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツを貼るリスト2