フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 銀ちゃんの思い出9:お迎え当初 | トップページ | 銀ちゃん仏壇へお引っ越し »

2011年7月11日 (月)

お経を読んでいただきました

今晩は、SARUです。

お久しぶりです。久しぶり過ぎて、もう本ブログを読まれている方などおられないでしょうか? 連日の暑さでダレてしまっていたのと、銀ちゃんの思い出を語るのが急に虚しくなってしまったのとで暫くブログを離れておりました。

最近は銀ちゃんに毎日お経を一曲(「曲」とは言わないのかな? 一経?)聞かせてあげていました。最初はお経のCDを購入しようかと思ったのですが、ホームページを調べているうちに、お経を無料で流しているサイトを見つけることができ、そこを利用させていただいております。

ただ、今週水曜日はいよいよ銀ちゃんの四十九日です。四十九日にはやはりきちんとした供養をしてあげたいと思いました。

銀ちゃんを火葬していただいた「ポチ・たま霊園」に頼もうかと思ったのですが、ポチ・たま霊園では供養祭を毎月第一火曜日にしか行っていませんでした。平日は会社がありますし、また銀ちゃんの四十九日からは1週間もずれてしまいます。そこでネットで別なところを探しましたところ、ありました。ここ(横浜動物葬儀センター・妙蓮寺)です。
毎週日曜日に時間を分けてお経をあげてくれるとのことです。早速電話…と思ったのですが、ちょっと迷いました。ゆくゆくは銀ちゃんを「ポチ・たま霊園」に預けたいと思っているのですが、妙蓮寺さんは「日蓮宗」、「ポチ・たま霊園」で供養などをお願いしている燈明寺さんは「臨済宗」です。途中で宗派が変わってしまっても大丈夫なのかと…。結局は「まあ、いいや。」ということで、電話したのが先週金曜日の夜でした。葬儀社の方だと思われますが電話は繋がりました。しかし、その方は既に事務所にはおられなかったので予定が分からないとのことでした。ということで土曜日の10時までに電話を折り返していただくことになりました。ところが土曜日、待てども一向に電話がかかってきません。業を煮やしてこちらからかけてみると、どうやら昨日のことはすっかり忘れ去られていたようです。とりあえずは日曜日の13時より予約が取れたのですが、電話番号を2回聞かれたり、また位牌の開眼もお願いしたら開眼の意味も分かっておられないようで、なんだか対応がいまいちでとても不安に感じました。
銀ちゃんの晴れの四十九日(「晴れ」?)なのですから、段取りが悪くて不快な思いをするのはまっぴらです。電話を終えた後、少し考えて「やっぱりキャンセルしようか」とも思いましたが、とりあえずは行ってみることにしました。

さて本日、ネットで調べた道順では所要時間30分ほどだったのですが、余裕を見て1時間前に出発しました。骨壷はドッグスリングに入れて肩にかけ、お位牌はハンカチにくるんでカバンに入れました。目指すは葬儀社ではなくお寺さんの方です。
車の中では骨壷は助手席に乗せたのですが、これが銀ちゃんが亡くなった日のことを思い出させて少々涙が…。銀ちゃんは病院へ行く途中に亡くなりました。当日もいつものように銀ちゃんをキャリーに入れて助手席に乗せていました。銀ちゃんは既にかなり弱っていたのですが、私は病院で注射をしてもらえばまた元気になるものだと思っていました。それなのに、車を運転していて高速に入る手前から何故か涙が止まらなくなってしまったのです。今思えば涙が出てきたのは銀ちゃんが亡くなったという合図だったのかもしれません。

お寺さんに着いたのは結局13時ちょうどでした。新幹線と道路沿いのお寺でしたが、山門を上がると本堂辺りは静かでした。昨日は電話で葬儀社とお寺さんのどちらに行けばよいかを確認したところ、お寺の方と言われたので、お寺の本堂に行けば当日の手続きをする場所等簡単に分かるものと思ったのですが、全く分かりません。確か本堂右の方向に動物の納骨堂があったはずなので、そちらへ行ってみました。納骨堂に事務所らしきものがあったので、そこに顔を出すと、「SARUさんですね。」と言われました。どうやら納骨堂の事務所で手続きをするようです。
銀ちゃんの命日や名前の確認が済んだところで、位牌の入魂(ホームページには「入魂」という表現を使っていたので、「開眼」ではなく「入魂」に言いなおしてみました。)についてお聞きしたところ、してくれるとのことでした。お骨と位牌をお渡しすると、事務所の方は「このお位牌、どこで買われたのですか? 写真が入っていて、文字の所にラメが入ってるんですね。」とびっくりされていました。ちょっと派手なものを買い過ぎた?

お経は納骨堂の「御宝前」で、たっぷり15分間、お坊さんに丁寧にあげていただきました。お経は「法華経」とのことでした。所々で日本語のお経が入るので、お経の開始と終了、お位牌への入魂が行われているところというのが良く分かりました。お坊さんに「短い間でしたがこの世で一緒に過ごせたのは何かの縁、人間と同じように供養してあげてもいいです。」ということをおっしゃっていただきました。お盆にも好きなフード等を用意してあげて家に招いてあげてくださいともおっしゃっていました。最後にお線香をあげ、骨壷と位牌をしまい、塔婆を供養塔に奉納しました。塔婆は半年でお焚きあげとのことでした。

電話での対応に不安を抱いていた供養でしたが、現場では非常に丁寧に対応してくださり、とてもよかったです。ここなら納骨堂に銀ちゃんのお骨をおあずけできると思いましたが、遠いのでちょっとお墓参りが大変ですね。まあ、暫くは自宅供養ということで…。次は「百ケ日」があるので、またここでお経をあげていただいてもいいかもしれません。

« 銀ちゃんの思い出9:お迎え当初 | トップページ | 銀ちゃん仏壇へお引っ越し »

フェレット」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残念ながら、忘れずに気にかけている人もいる様です。
もうそろそろ、銀ちゃんの四十九日になるのでどうかな~と思っていました。

今でも、僕の心に銀ちゃんはいます。
SARUさんから頂いた、ブリザードフラワーが我が家のモモちゃんと銀ちゃんをつないでくれていると思っています。

SARUさんも早くも暑い日がやってきましたが、夏バテしない様に健康にはくれぐれも気をつけて下さいね。

銀ちゃんの四十九日、無事に済まされたようですね。

人間同様にお寺さんで、きちんとしてもらって、
銀ちゃんもきっと喜んでいることと思います。
SARUさんの銀ちゃんへの深い愛情が、
銀ちゃんにも届いていますね!

私も銀ちゃんのことは忘れずにいたいと思います。

こがっちさん、フェレ大好きさん、コメントありがとうございます。

今年は銀ちゃんがいませんし、また東電にお金を払うのは癪なのでなるべくクーラーの使用は控えようと思ったのですが、ダメでした。バテてしまいました。今は我慢せずにクーラー使いまくっています。

銀ちゃんの四十九日の供養が出来てホッと一安心です。供養をお願いした「妙蓮寺」さんは通常の人間様のご供養も行われているのですが、ペットの供養もされているお寺さんです。納骨堂にはお骨がびっしりで、私が訪ねたときも数人ですが入れ替わり立ち替わりお参りに見えられていました。ペットといえども、一緒に暮らせば亡くなった時は人間と同じように供養したいと思われる方がたくさんおられるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/52172396

この記事へのトラックバック一覧です: お経を読んでいただきました:

« 銀ちゃんの思い出9:お迎え当初 | トップページ | 銀ちゃん仏壇へお引っ越し »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2