フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 仏壇の花を生けたのですが… | トップページ | 銀ちゃんの思い出3:猫じゃらし »

2011年6月 5日 (日)

銀ちゃんの思い出2:食嗜好編

今晩は、SARUです。

本日2つ目の記事となりますが、やはり銀ちゃんについてです。四十九日過ぎるまでは遊びも控えるつもりでおりますし、まだまだ銀ちゃんのことを引きずっています。銀ちゃんが亡くなってからまだ1週間ちょっとですから当然ですよね。
とりあえずはこのまま銀ちゃんの思い出話を語っていこうかと思っております。

さて、先日メイママさんからのご指摘もありましたが、銀ちゃんと言えば「変な食嗜好」ですよね。

Cimg1207
さてこちら、銀ちゃんが何かを舐めておりますが、バイトではありません。「ぬかみそ」です。何故か銀ちゃんはぬかみそが好きでした。
気付いたのはぬかみそをかき回しているときに、銀ちゃんが私の横で「偽うんPサイン」をした時でした。銀ちゃんが「偽うんPサイン」をするたびに私は手に付いたぬかを軽くゆすいで銀ちゃんをトイレに連れて行こうとしたのですが、銀ちゃんは私の手をぺろぺろ舐めるだけ…。そのうち「銀ちゃん、もしや…。」と思い、ぬかみそを手に付けてあげてみたら舐めたのです。
家ではぬか漬けを自分で漬けていますが、買ってくることもあります。ある日、買物から帰って買ったものをスーパーの袋ごと床に置いておいたら、銀ちゃんにきゅうりのぬか漬けをパックごと穴だらけにされたこともありました。以来、ぬか漬けを買ってきたときは必ず真っ先に冷蔵庫にしまうようになりました。

さて、こちらは銀ちゃんが炊飯ジャー台に登って一生懸命おしゃもじに付いているご飯粒を食べている様子です。そう、銀ちゃんは「ご飯(銀シャリ)」が好き。
これで一気に銀ちゃんの和風イメージが定着しました。

その和風イメージの極めつけは「黒豆茶」でした。私が黒豆茶を飲んでいると、興味津津の銀ちゃんがソファに登ってきたので、「これ黒豆茶だよ。飲むの?」といって冗談半分に差し出してみたところ、なんと銀ちゃん、その黒豆茶をおいしそうに飲み始めたのです。以後、頻繁に銀ちゃんは私の「晩酌」ならぬ「晩茶」に付き合っておりました。

お次は「リンゴ」です。シャリシャリと心地よい音を立てながら実においしそうにリンゴを食べています。銀ちゃんの「リンゴ好き」に気付いたのは、私が丸かじりしてテーブルの皿に置いておいたリンゴの芯を銀ちゃんがしきりに落とそうとしていた時でした。試しにそのかすをあげてみたところ、銀ちゃんがシャリシャリと音を立てて食べ始めたのです。
ある日、リンゴの芯を片付けずに皿ごとテーブルに置きっぱなしにして外出したことがあり、家に戻ってみるとその皿が床に落ちていたことがありました。「もしや…。」と思い、銀ちゃんの寝床「ベッドルーム秘密基地」を覗くと、かなり小さくなったリンゴの芯がかろうじて残っていた…ということがありました。それほど銀ちゃんはリンゴにはまっていました。私は食べないのですが銀ちゃんの為にリンゴを買ってくるということがあったほどです。

以上のようにフェレさんが食さないような変なものを食べる銀ちゃんでしたが、ポン太さんの所のラブさんのように「なんでも食べる」という訳ではありませんでした。銀ちゃんには銀ちゃんなりの「好み」があったようです(その為、おやつやフード、バイト選びには苦労させられました…。)。

« 仏壇の花を生けたのですが… | トップページ | 銀ちゃんの思い出3:猫じゃらし »

フェレット」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

本当にどの動画もまだ記憶にあります。
とても不思議な感覚でいました。
銀ちゃんは、本当に人間の子供の様にSARUさんと生活していたのが本当に良く伝わってきます。
幸せな生涯であったと思います。

遊びは控えられても構わないと思いますが、気晴らしの外出はされた方が良いと思いました。室内にいる時間が続くと僕の様に調子が悪くなります。
銀ちゃんの写真を連れて気分転換もされると良いかと思います。

銀ちゃん、かわいい~happy01
本当に銀ちゃんの食生活には驚かされましたよ~
ご飯や、ぬかみそ、黒豆茶、人間の好みの中でも
かなり渋い~up
でも、なぜか、銀ちゃんにはとっても似合っていて、またSARUさまの相棒のような感じがして、とてもほほえましかったですheart04
メイちゃんは、フェレットフード以外、全く食べないので、銀ちゃんがうらやましくもありました。
まだまだ沢山銀ちゃんの思い出があると思いますので、たっくさん語ってくださいねapplericeballjapaneseteaheart04

おいしそうに食べる銀ちゃん、とても可愛いです!

私も銀ちゃんの好物が記事になるたび、驚かされていました。
銀ちゃんは、きっと自分のことをSARUさんと同じ人間で、自分も家族の一員と思っていたのかな、と思います。
だから、SARUさんのお手伝いがしたくて、自立したフェレさんになったんじゃないかという気がします。

銀ちゃんのたくさんの思い出、私も楽しみにしていますね♪

こがっちさん、コメントありがとうございます。

今思うと本当に銀ちゃんは自由にやっていましたね。子供と言うよりは、銀ちゃん自身、私のことを「飼い主様」ではなく「同居人」ととらえていた節がありました。

お気遣いありがとうございます。気晴らしは出来ると思います。特にどこかへ行かなくとも周りに自然がいっぱいありますので、ちょっと散歩に出るだけで良さそうです。

メイママさん、コメントありがとうございます。

やはり銀ちゃんはフェレさんの中でも変わり種だったのでしょうか? 「名は体を表す」と申しますが、「銀」なんて名前を付けてしまったものだから、渋フェレさんになってしまったのでしょうかね。いや、やはり元々変わった性格だったのでしょうね。

メイちゃんは見た目が可愛いから特に何もしなくとも皆さんに受けますね。銀ちゃんは変わったことをしてこそ「銀ちゃん」ですね。

フェレ大好きさん、コメントありがとうございます。

銀ちゃんは自立心旺盛でしたね。自立心があって結構しっかりしていたので私も自由にさせてあげられたのだと思います。

一つ忘れましたが、銀ちゃんは「噛むブレスケア」も好きだったんですよね。ミント系なんて動物にはどうなんだろうとは思いましたが、私の目を盗んでは私のバッグから「噛むブレスケア」をかっさらっていっていました。息を気にして…? 本当に人間見たいです。

ペットは飼い主に似る、という言葉がありますが、まさに
銀ちゃんの好みがそんな感じですね。
なんとなくワンコっぽい性格というか・・・
だからこそ、よりいっそう愛着がわきますね。
    
  
それから、愛した銀ちゃんのことはいつまでも心の中に
残っていてもおかしくないと思います。  
銀ちゃんへの熱い思いを存分に語って下さい。(^^)

えぞっ子さん、コメントありがとうございます。

私の好みがそのまま銀ちゃんに反映されているのでしょうかね。銀ちゃんは人懐っこくて犬みたいなところもありますが、自立していて寝床等自分で決めていたあたり、猫のようなところもありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/51863995

この記事へのトラックバック一覧です: 銀ちゃんの思い出2:食嗜好編:

« 仏壇の花を生けたのですが… | トップページ | 銀ちゃんの思い出3:猫じゃらし »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2