フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 銀ちゃんの為の家庭内PC・周辺機器・ネットワーク環境再構築-計画 | トップページ | 「原発事故で汚染水を海に放出、日本に損害賠償の責任=中国」について思うこと »

2011年4月11日 (月)

夜のしじまを破る…

今晩は、SARUです。

昨夜遅く(本日0時半頃?)、突然の轟音に飛び起きました。最初は何が何だかよく分からずただ心臓をバクバクさせていただけでした。しかしそのうちその轟音が頭の中で意味を成してきました。

「パーウォン、パーウォン。火事ですっ、火事ですっ。センターコートで火災が発生しましたっ…。」

火災警報でした。「やっべーっ。火事だよ。」と思い、次に思ったことは「銀ちゃんを連れ出さなければ…。」でした。急いでキャリーを用意して銀ちゃんの寝ているベッドルーム秘密基地を覗くと、銀ちゃんがいません!! 警報が鳴り響く家の中で「銀ちゃん、銀ちゃんっ!」と名前を呼びながら銀ちゃんを捜すと、銀ちゃんは私のベッドの下に潜り込んでいました。先月の大地震の時はぐっすりと眠っていたという銀ちゃんですが、さすがにこの轟音にはびっくりして飛び起きたようです。
「銀ちゃん、おいで、おいで。」と声をかけますが、銀ちゃんは一向にベッドの下の奥から出てきてくれません。仕方なくベッドを動かして反対側から銀ちゃんを捕獲しようとしたのですが、ベッドの動きに合わせて銀ちゃんも移動してしまいなかなか銀ちゃんを捕まえられません。いつもは直ぐに反応して近寄ってくるプピーも試したのですが、今回は全くダメです。相変わらずけたたましい警報が鳴っており、私は焦るばかり…。いよいよ「ベッドを起こしちゃおうか。」と思った時、「いや、警報がガセだったらいやだな。」と思い、ちょっと様子を見に玄関を出てみました。

外では階段を下りていく人が何人かおり、また、エレベータへ通ずる廊下には何やら人がたむろしておりました。ちょうどその先がマンションの「センターコート」になるのですが、たむろしている人々は皆「センターコート」の方を見ています。「センターコート」というと、警報で火事が発生したと言っている棟です。たむろしている人は特に焦っている様子もなく、中にはこちらへ引き返してくる人もいます。とくに煙たいということもありませんでしたので、「ガセか?」と思い家に引き返しました。

とりあえず火事ではないことが分かりましたが、相変わらず警報はやかましいですし、銀ちゃんがおびえたままです。銀ちゃんをこのままにはしておけないと思い、なんとか銀ちゃんをベッドの下から出そうとしていると、警報が止みました。しかし警報が止んでも銀ちゃんは一向にベッドの下から出てきてはくれません。そのうち、なんとか銀ちゃんの尻尾に手が届き、少々乱暴ですが背に腹は代えられません、尻尾を引っ張って無理やり銀ちゃんをベッドのしたから引っ張り出しました。そして銀ちゃんを抱きかかえ、「大丈夫だよ」と優しく声をかけながら頭をなでてあげました。かわいそうに、銀ちゃん、ぶるぶる震えていました。

そのうち消防車がマンションに到着しました。警報が鳴ってから15、20分は経っていたでしょうか? 消防署はここから車で5分もかからないところにあるはずなのに、しかも警報が止んでから来るなんて、消防車遅すぎ!!

銀ちゃんがなかなか落ち着かないので、バイトで釣ってみようとしました。銀ちゃん、一応バイトはなめてくれましたが、まだ落ち着かないようで、直ぐにゴミ箱の裏やウツボの穴に隠れてしまいます。
落ち着かない銀ちゃんを今度は私のベッドに連れて行き、添い寝をしながら優しく体をなでてあげました。しばらくそうしていると、銀ちゃん、やっと落ち着いたのか、ベッドルーム秘密基地に戻り、自分のベッドで寝てくれました。私もそのまま眠りに着きました。

今朝の目覚めは昨夜火事騒ぎがあったせいで最悪でした。それでもとりあえず起きて会社に行きました。

仕事を終えマンションに戻ると、エレベータの前に張り紙がありました。昨夜の警報は5階エレベータ脇の火災報知機の誤動作とのことでした。なので「安心してください」と書いてありました。誤動作で夜中たたき起されるなんて最悪です。安心なんてできません。そういえば前にも確か昼間でしたが同じ火災報知機が誤動作を起こしたような気が…。これからもこんな誤動作が起こるのでしょうか? 「酔っ払いがふざけて押した」という方がよっぽどマシです(と言っても、こちらもかなり頭に来ますが…。)。

ただ、今回の警報騒ぎで分かったことは、火事があった時に銀ちゃんを素早く捕獲できないということです。非常によくありません。今は銀ちゃん確保用にタモ網でも買おうかと思っています(本気です。)。あとはキャリーを直ぐに出せるところに置いておくことも必要かと思います。
また、今回は銀ちゃんを外に連れ出すことしか頭にありませんでしたが、財布も持って出るべきですよね。財布も直ぐに持ち出せる所に置いておくようにしようと思います。

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg2698
おねんね銀ちゃんです。今日は落ち着いております。

« 銀ちゃんの為の家庭内PC・周辺機器・ネットワーク環境再構築-計画 | トップページ | 「原発事故で汚染水を海に放出、日本に損害賠償の責任=中国」について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回は、防犯訓練みたいになって良かったかも!?
ですね。普段では分からないことがこういう時に
なって初めて知ることが出来ますから。
ただ、たとえ誤作動だったにせよ、火事騒ぎの後
だとゆっくり寝られなくて大変ですね。

こんばんは。
大変でしたね。

でも、確かに災害はいつ起きるか分からないのが最近現実でよね。
我が家も他人事でなくて、別居させているジャックとマルコをどの様に移動させるか、その時慌ててなくて良い様に考えなければと思いました。

それから、マルコの方は受診して、他にも似た様な症状のワンコが診察待ちをして原因が分かりました。
ご心配をおかけしてすみませんでした。

こんにちわ(^O^)/
アタフタとあせる様子が想像できます(笑)
大変でしたね。

銀ちゃんもそうとうびっくりしてしまったんでしょうね。
それわかります。
動物って、怖いとか、びっくりした時、こっちに来てくれればいいのに、よそに暴走してしまいます。
つかまらないのも当然ですね。

今回は良い機会だったのかも。
万が一の時にどう行動するかは大切だから。

うちは、この前の地震の時にそれを考えました。
以来、ペット三匹の各キャリーの中にすこしばかりの餌を入れています。水もペットボトル三ぴき用に一本入れてあります。
それを使用することがないように祈るばかりですが。

火災報知器の誤作動というのは意外に多いんですよね。
それが同じ機器でだとその機器の警報はもはらオオカミ少年のような扱いになってしまって、過去にもそういった事で住民がまた誤作動だと思い込んでしまった為に死亡事故に繋がったケースがありました。

それにしても真夜中の誤作動は迷惑ですね。
睡眠不足だったのではないでしょうか。
きっと銀ちゃんも留守中SARUさんの事を心配しながらもしっかりと睡眠だけはとっていたのではないでしょうか。

でも銀ちゃんには危機意識がちゃんとあるみたいですね。
うちのやつらだったら平気で寝てますよ。アハハ

誤作動でよかったものの、夜中にちょっと迷惑な話ですね…
でも、ちょっと避難訓練みたくなりましたね。
万が一のときのために、夜は、ケージのなかで寝てもらって、すぐに取り出せるようにしておくという方法もありますよね。
我が家では、地震があってから、メイちゃんのキャリーのなかに、えさとみずと、おもちゃとハーフケットをいれて玄関においています。
人間用のものは、乾電池・懐中電灯くらいです。

昨夜から、大きな地震が続いていますので、
お互い十分に気をつけていきましょうね!

えぞっ子さん、コメントありがとうございます。

放し飼い銀ちゃんはゲージにいる子よりはスムーズに外に連れ出すことができると思っていたのですが、警報に驚いてベッドの下から出てこなくなってしまうというのは盲点でした。とりあえずこれが分かっただけでも良しとしましょうかね。

こがっちさん、コメントありがとうございます。

こがっちさんの所も放し飼いなので気を付ける必要がありますかね。ただ、こがっちさんの家には火事の警報装置はあるのでしょうか?

マルコちゃんは大丈夫そうですか? 良かったです。

らむさん、コメントありがとうございます。

警報で飛び起きて心臓バクバクしているは、銀ちゃんはなかなかつかまらないはで、相当あたふたしました。

餌や水の用意をきちんとするのも必要なことですね。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

誤動作、本当に困りものですね。今度火災警報が鳴ったら、私は恐らく速やかに避難せず、本当に火事が起きているのかどうなのか確認するという行為に走ってしまうかもしれません。それが命取りになる可能性も…。

メイママさん、コメントありがとうございます。

本当の火事では無かったのと、被災時の盲点がはっきりしたことは良かったですが、本当に夜中に誤動作とは迷惑な話です。

地震が相変わらず続いていますが、本当にお互い気を付けていきましょうね。

早く連れだしたいのに出てこないことありますよね。
まず、人間が焦っていたり無理にだそうとすると逆に奥に入ってしまうので、人間も落ち着くことからかしらと思います(動物には波動が伝わるので)。

私は非常袋をリュックにしていて玄関に置き、そこにストックフードやバイト類も保管しています。
これは保管スペース的に一石二鳥と思っています。

>キャリーを直ぐに出せるところに置いておくことも必要かと思います。

ホントそうですね、私もそれ考えてました。
今は小さいのを寝室に置いてあるんですが、玄関には大きめキャリーを置く準備をしていたとこでした。
準備しても、ずっと出番がない事を願っていますが、備えあれば憂いなしですもんね。

mana☆さん、コメントありがとうございます。

私、結構焦っていました。まず大きな音で起こされると心臓バクバクが結構長い間続いてしまうんです。そこへ持って「火事」「銀ちゃんが見つからない」ということが重なったものですから…。焦りが銀ちゃんにも伝わったかもしれません。

非常用袋はうちもリュックなのですが、壊れてしまっています。新しいのを新調した方がよさそうです。
フェレさんフードは恐らく被災地では手に入らないと思われますからね。mana☆さんのおっしゃる通り非常用袋へのストックは必須になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/51362411

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のしじまを破る…:

« 銀ちゃんの為の家庭内PC・周辺機器・ネットワーク環境再構築-計画 | トップページ | 「原発事故で汚染水を海に放出、日本に損害賠償の責任=中国」について思うこと »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2