フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 銀ちゃん日記:もう駄目みたいです | トップページ | お久しぶりです… »

2011年3月12日 (土)

銀ちゃん速報・地震速報(あまり速くありませんが…。)

こんにちは、SARUです。

アップせずに申し訳ありませんでした。ちょっとそれどころではありませんでしたので…。

まず銀ちゃんについてです。
水曜日の朝には、銀ちゃんは頭を背中に反らせて体を硬直させ、横向けに倒れたままほとんど動かないような瀕死の状態…。食事もままならなかったので、水をシリンジで少しずつあげるくらいしかできませんでした。トイレのときはトイレに行こうとするのですが、体が立たないので足が空を切るばかり…。そして我慢できずに漏らしてしまう様子でした。
「くらた動物病院」は水曜日はお休みだったのですが、獣医さんと何回か連絡を取り、なんとか17時頃に「では来てください」ということになり、急いで病院へ…。
銀ちゃんの変わり様には獣医さんもびっくりされていました。まず、「会社はもう休めないので、明日までどうにかもつようにしてほしい。」(水曜日も会社を休んでおりました。)ということで、減った体重分の水分と強いステロイドを一日分点滴してもらいました。
その日の22時頃、奇跡の銀ちゃん復活です。よろよろしておりますが体を起こすことができ、またご飯とダックスープを食べました。体を引きずりながらも遊んだりもしておりました。この日は銀ちゃんと一緒に私のベッドで寝ました(念願の「添い寝」ができました。)。朝起きると、何故か銀ちゃんはゲージに戻っており、更に少し時間が経った後見ると、中2階のハンモックで寝ておりました。劇的な回復です。

現在は以前ほどではありませんが、体をよろよろさせながらも結構遊んだりしています。薬は残っている「風邪薬」「タミフル」と「メラトニン」に加え、「ステロイド」を飲んでいます。
兎に角銀ちゃん、持ち直しております。「またぬかよろこび…」ということも考えられますので予断はできませんが、でもとりあえずは少し安心しております。
皆さまにもご心配おかけして申し訳ありませんでした。

さて、現在日本中がとんでもないことになっている地震の方ですが、私は会社にいるときに遭遇しました。最初はただの地震かと思ったのですが、段々と揺れがひどくなってきたので、「これは机の下に隠れた方がいいんじゃないか?」と同僚達と話して机の下に隠れました。そのあと、揺れが止まってから外に避難です。会社の敷地内ではアスファルトやグラウンドが割れてそこから青灰色の液体が流れ出たり、浄水タンクとパイプの接続部分が外れかけてそこから水が噴き出したりとなんだか信じられない光景が…。4、50分程外に出されたあと事務所に戻ったのですが、また揺れて外に出る羽目に…。再び屋内に戻った時は、もう帰る時間でした。
帰る時も電車がなかったので1時間半かけて歩いて帰りました(現在も会社の最寄り駅から自宅の最寄り駅の区間は電車が走っていません。)。母が自宅に来ていたので、自宅に連絡を取ろうとしたのですが、携帯が機能しません。実家も通じません。ただ、携帯で話をしている方も周りにいましたので、恐らく他の会社(私はDocomo)の携帯は使用できていたのだと思います。ですが、頻繁に不在通知のメールは届いており、それは弟からの電話でした(Docomoは災害に弱いかもしれません。)。
山を下ると、信号が機能していないようで、よく見ると辺り一帯の建物で電気がついている気配がありませんでした。停電です。家に帰ると暗い中を母親が待っていました。母は無事でした。家の中はものが落ちたりしてめちゃくちゃになっているのではないかと思っていたのですが、予想に反して何も落ちていないとのことでした。停電は始めの地震が発生した直後からとのことでした。とりあえず、ろうそくの火とLEDの電気スタンドの明りで夕食を食べました。この間、全く状況がつかめず少々不安でした。その間、携帯からいろいろ電話をしようとしたのですが、「現在使用できません」なる表示が出るだけです…。電気が流れたのは20時頃にでした。

相変わらず携帯は使えないので、まず頻繁に電話してくれた弟に固定電話で電話をしました(うちは光電話なので、電気が使えないと固定電話も使えません。)。弟は電車が動かない為まだ会社にいたそうで、実家の父と1度だけ連絡が取れたのでこちらと連絡を取ろうとしたそうです。そのあと父と連絡を取ったのですが、実家は食器が落ちたり植木鉢が落ちたりしたそうです。地震はこちらよりひどかったようです。

電気が来たのでテレビでニュースを見たとき、日本中がとんでもないことになっていることを知りました。うちはまだましな方だったのですね。

兎に角、今回の地震で分かったことは、自宅付近は結構電気ラインが弱いこと、Docomoは災害時には使えないこと、ラジオか携帯ワンセグは常備した方がよいこと(ラジオについては一応持っていたのですが、何故かクラシック番組にしかチューナーが合いませんでした…。)でしょうか。

皆さんの所は大丈夫だったでしょうか?

« 銀ちゃん日記:もう駄目みたいです | トップページ | お久しぶりです… »

ニュース」カテゴリの記事

フェレット」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

 実は地震の後一番心配だったのが病気の銀ちゃんとSARUさんの事でした。
SARUさんは家に帰れてないのではとか、その間に銀ちゃんどうにかなってないだろうかとか、変な事ばかり考えてしまいました。

 それにしても銀ちゃん、水曜日は大変だったんですねえ。
銀ちゃんの病状にはステロイド治療が不可欠だと思います。
幸い銀ちゃんは肺炎をおこしていないのでステロイド治療が出来るんだと思います。
前回の記事で長いコメントをしましたが、ミンクアリューシャンを発症した赤ちゃんフェレットと飼い主の投稿記事は参考になるかと思いますのでお時間がある時に最後まで読んでみて下さい。
赤ちゃんだけにかなり大変な介護の様子が書かれていますが、諦めずに一緒に頑張ればお付き合いの可能な病気だと結んでいます。

 それとSARUさんが留守の間はどうされるかも早急に対策を考えないといけませんね。
今回のような大地震が夏場でなかった事はSARUさんと銀ちゃんにとっては不幸中の幸いだったのではないでしょうか。
暑い夏場に停電してエアコンが切れてしまったらアウトですからね。

 とにかく無事を確認出来て良かったです。
暫くはステロイドの治療が続くかとは思いますが、ステロイドは点滴でするのが一番効果が高いんですよね。

 前の病院で原因は不明でもとりあえずステロイドを投与して経過を観ながら症状の変化で病名を絞り込むという方法も多くの獣医がする治療法です。
それだけにもっと早くにステロイドを処方してたらとポン太自身も悔しさでいっぱいですが、今更過去には戻れませんから、これからの治療に期待しましょう。

 ステロイド剤は副作用のひとつに食欲亢進と喉が渇いて多く水を飲むというのがありますので、その辺りも留守中不足しないよう気をつけてあげて下さいね。

こんばんは。
同じ横浜でも、SARUのお住まいの方は大変だった様ですね。
まだ、これからも不便な生活で銀ちゃんのお世話も大変かと思います。

銀ちゃんですが、かなり心配でしたがそれほど状態が悪くなっていたとは思ってもいませんでした。
しかし、獣医さんの治療とSARUさんの看病、何より銀ちゃんの生きようとする気力が回復をさせた様に思います。

まだ、生活面でも大変かと思いますが、SARUさんも健康に気をつけて、銀ちゃんと一緒に頑張って下さい。

SARUさまも銀ちゃんも無事でよかったです。
メイママも埼玉から帰宅できず、文化センターで一晩過ごしました。
それからは、家に帰れず、仕事の大混雑の処理に当たっていました。

銀ちゃんのその後の様子はどうでしょうか?
地震もあり、体調など崩していないでしょうか?
SARUさまもお仕事をそんなに休めないだろうし、心配かと思います。(それでお母様が来てくれていたのかな?)
余震もまだまだ続いていますし、計画停電もありますし、銀ちゃんの体調が早くよくなるようにと願っております。

銀ちゃんの体調のことや、地震のこと、
大変なことが重なって、SARUさんも
さぞやご苦労されていることと思います。

でも、銀ちゃんもおうちも無事で何よりでした。

銀ちゃんは、病気を抱えながらも、それに負けない
強い生命力を持っているのではないかと
思いました!

体をひきずりながらも遊ぶ銀ちゃんに、
こちらも勇気づけられる気持ちです!

計画停電やら何やらで、まだまだ気が抜けない状態
ではありますが、銀ちゃんにもらった勇気で
乗り越えていきたいと思います。

銀ちゃんもSARUさんも、頑張って下さいね!

銀ちゃんが劇的な変化で快方に向かって本当に
良かったですね。まだ安心できるところまでに
至ってないかもしれませんが、ひとまず最悪の
事態は免れたようで安心しました。
  
それから、今回の地震被害にしても深刻な災難
に巻き込まれなくて良かったですね。
まだまだ予断の許さない状況ですが、頑張って
下さい。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

ちょうど水曜日から母が来ていたので、地震の時は銀ちゃん1人ではありませんでした。母はいざとなったら荷物と銀ちゃんを連れて外に出るつもりでいたそうです。当の銀ちゃんはというと、地震であれだけ揺れたのにグウスカと寝ていたとのことです。

おかげさまで今では一応、銀ちゃんの病状は安定しております。しばらくはステロイドとメラトニンでの治療となります。
水については、銀ちゃん、ボトル型の給水器から飲まなくなってしまったので、サイフォン式の給水器( http://item.rakuten.co.jp/chanet/60211/ )に替えて見たのですが、それでもほとんど減らず、心配しておりました。しかし本日、水を飲む姿を見かけたのでほっとしました。まあ、今まで朝晩ダックスープをあげていたので、そんなに水を飲む必要もなかったのかもしれません。

停電、怖いですよね。本当に夏場に起こったらどうなのでしょうか? 一応、夏場はペットボトルに水を入れて凍らせたものを銀ちゃんのベッドの両脇に置いていましたが、停電の時はそれで事足りるのでしょうか? ポン太さんの所ではどうされていらっしゃいますか?

こがっちさん、コメントありがとうございます。

幸いにも今回は直接的な被災地ではありませんでしたが、現在でも物資不足や計画停電などで通常の暮らしに戻れないでおります。

銀ちゃんにつきましては、おかげさまで病状は安定しているようです。朝晩飲ませているステロイドのおかげですかね。ただ、まだ本調子というわけにはいかないようですが…。
とりあえずは「くらた動物病院」にお世話になって病気と付き合っていこうと思います。

メイママさん、コメントありがとうございます。

震災、メイママさんも大変だったのですね。さぞかしメイちゃんのことが心配だったことでしょう。

銀ちゃんはおかげさまで病状が安定してきました。今のところは突然具合が悪くなって会社を休んで病院へ…ということはなくなっています。
今は計画停電(うちは機械式駐車場なので、停電時は車が出せなくなります。)やガソリン不足があるので、病院へ行くにもなかなか調整が難しいですから…。

フェレ大好きさん、コメントありがとうございます。

フェレ大好きさんはどちらにお住まいでしたか? 頂いたコメントからすると震災の影響がある地域なのですね。兎に角無事で何よりです。

銀ちゃんも今のところは病状が安定しております。震災の余波はまだまだ続いておりますが、お互いフェレさん達と乗り越えて行きましょう。

えぞっ子さん、コメントありがとうございます。

北海道では地震はいかがでしたでしょうか? 横浜ではまだ物資不足や計画停電が続き、なかなか通常の生活に戻れないでいます。
こんな中、銀ちゃんのとりあえずの回復は非常に助かりました。

震災の余波、銀ちゃんの病気といろいろありますが、兎に角今はこれらを乗り越えていくしかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/51098989

この記事へのトラックバック一覧です: 銀ちゃん速報・地震速報(あまり速くありませんが…。):

« 銀ちゃん日記:もう駄目みたいです | トップページ | お久しぶりです… »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2