フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 銀ちゃん動画:病み上がりのご飲食 | トップページ | 銀ちゃん日記:まだダメでした »

2011年2月27日 (日)

銀ちゃん日記:その後の状況と土曜日の診察について

今晩は、SARUです。

現在銀ちゃん、容体は安定しております。くしゃみもなくなりました。ただ、やはり病み上がりのせいか、以前と比べるとあまり遊ばず寝ている時間が多いです。それでも、禁忌区域に入っていき冒険するだけの元気が出てきています。

さて、土曜日の診察についてお話しますが、まずその前日夜中から土曜朝にかけての銀ちゃんの容体をお話ししましょう。
銀ちゃんは全く食欲がなく、抱き上げても首がふらふらしており、口の周りもなめる余裕がないようで、流動食で汚くなってしまっていました。目が涙目で半開き、毛艶もまるで死んだ動物の様でした。こんな状態の銀ちゃんで私もどうしたらよいものかとおろおろ状態でしたが、とりあえず体力を付けさせなければと思い、流動食として「カロリーアップ(栄養補給が必要なペットに。犬・猫用栄養補助食カロリーアップ【犬猫用栄養補助食】 20g【パウ...)」をあげました。そして夜中、銀ちゃんの様子を見ると銀ちゃんも起きてうんPを畳の上でしてしまいました。水便でした。どうやら下痢を起こしてしまったようです。ということで、賞味期限が怪しいのですが、流動食をウォルサムに切り替えて与えました。土曜の朝、銀ちゃんはよろよろしながらも和室のペットシートにたどり着き、その時にしたうんPはウォルサム色の形のあるうんPでした。「カロリーアップ」は基本的にミルクなので、それで下痢をしてしまったのでしょう。
でも朝の時点で銀ちゃん、まだ容体が芳しくありませんでした。

ということで、また朝一番で動物病院へ行きました。病院へ行くと診察台に一匹、待ち患者一匹という状態でした。診察台の一匹は何の動物だったか覚えていません。それだけ銀ちゃんのことが気がかりだったのではないかと思います。
待ち患者は猫でした。他の猫とケンカしたらしく、顔中傷だらけ…。獣医さんはワクチンを注射するとおっしゃっていたので、破傷風か何かの注射をされたのだと思います。

さて、銀ちゃんの番ですが、銀ちゃん、相変わらずぐったりです。食欲が無いことと、強制的にシリンジで流動食を与えていること、歩くとふらふらすることを獣医さんにお話ししました。
ふらふらするということで、まずは血糖値のみを測ってみましょうということになりました。足の肉球に針を刺して血を少し取り、簡易キットで測った血糖値は 120[mg/dl] と正常範囲でした。「肝臓の状態が悪化して容体が悪くなっていることはありますか。」と尋ねたところ、「ありますね。」と獣医さんはおっしゃったので、いつもの血液検査をしてもらうことにしました。結果は、

BUN     20.1[mg/dl]
CRE       0.1[mg/dl]
GPT    240   [U/l]
ALP      51  [U/l]
TBIL       0.1[mg/dl]
ALB        3.3[g/dl]
GLU      --- [mg/dl]
Ga          6.9[mg/dl]

でした。GPT値が下がって正常値になっていますが、これは獣医さんが点滴のときに肝臓の薬も入れてくれていたからとのことです。点滴でこれだけ治るなら、薬ではなく始めから点滴をしてくれていればよかったのに…。カルシウム値が低いとのことで、カルシウム値が低いと運動能力が低下するとのことですが、銀ちゃんとしては元々カルシウム値が低くいつもの値ですので、これが原因というわけでもなさそうです。

とりあえずまた点滴をしてもらいました。

土曜日お代は、

検査代      \7500
治療費      \2500
税              \500
================
計           \10500

でした。

帰宅して銀ちゃんを毛布ごとキャリーから出してベッドルーム秘密基地のフェレさんベッドに運ぶと、銀ちゃん、以前よりはしっかりした足取りですぐさま台所へ駆け込みうんPをしました。更にゲージに駆け込み、なんとご飯を食べようとしました。ただ、ご飯は用意していなかったので急いで用意してあげると、銀ちゃん、食べる食べる…。今までの容体が嘘のようです。病院で何を点滴されたのでしょうね。

それからは一時くしゃみ連発が再発し、徐々に回復に向かい現在に至っています。

結局何の病気だったのかはっきりしませんが、容体が悪化する前と回復に向かう前にくしゃみを連発していたことを考えると、風邪だったのではないかと思います。しかし、フェレさんはただの風邪であんなにひどい状態になるんですね。そんなことはつゆ知らず、もう銀ちゃん、死んでしまうのではないかとはらはらしました。

とりあえずは一段落です。

ということで、親ばか写真館復活です。本日は

Cimg2655
済みません。おねんね銀ちゃんです。まあ、でも今はたくさん寝て食べて早く元気な銀ちゃんに戻ってもらいたいと思います。

« 銀ちゃん動画:病み上がりのご飲食 | トップページ | 銀ちゃん日記:まだダメでした »

フェレット」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

フェレさんは言葉を話せませんからね。
話す事が出来たらどんなにか助けになるだろうかと病気の子を看病する度に思ってきた事ですが、銀ちゃんにとっては初めての体験だったんでしょうね。

まだまだ要監視だとは思いますが、行動を細かくチェックして下さい。

前のコメントでコロイダルシルバーの話しをしましたが、マイナスな批評も読ませて頂きました。

結論から申しますと、長年フェレットに関する実績のあるビバ・フェレットで害になるものや役に立たない商品は取り扱わないと思います。

銀ちゃんの肝機能にあまり改善が見られないようなら、ナルヘソシリーズも十分有りだと思います。

とにかく銀ちゃんが100%元の状態に戻る事を願っております。

銀ちゃん、だいぶ元気になってきたかな?
もう具合は大丈夫かな?
いつも元気な銀ちゃん、少しやせたように見えました。早く元気になって、ご飯も食べて、お水も沢山飲んで、元気な銀ちゃんに戻るといいですね。
毎日の食事の量や、トイレのチェックなど、
健康チェックは欠かせないですね。
SARUさまもきっとかなり心配されましたよね。
わが子の健康が一番ですよね。

ポン太さん、コメントありがとうございます。

銀ちゃん、また具合を悪くして今は病院通いです。何故か点滴をしてもらうと調子がよくなります。獣医さんも原因が分からず首をかしげています。
ナルヘソシリーズのカンスペエキスは以前から使用しておりました。銀ちゃん、血中カルシウム濃度が低いので、ビバ・フェレットさんで何か良いサプリはないかと探してみたところ、ナルヘソではないのですが「カチオン
CPLジョイントサポート」なるものがあり、吸収率がいいとのことですので検討中です。

メイママさん、コメントありがとうございます。

銀ちゃんはまだ完治していないようで、今は病院通いです。病院で点滴を受けると餌が食べられるようになります。
まだまだ心配の種はなくなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/50986844

この記事へのトラックバック一覧です: 銀ちゃん日記:その後の状況と土曜日の診察について:

« 銀ちゃん動画:病み上がりのご飲食 | トップページ | 銀ちゃん日記:まだダメでした »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2