フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展1 | トップページ | 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展3 »

2010年9月16日 (木)

兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展2

ナレーター:兼高SARU、世界の旅

(音楽)ちゃら~、ちゃら~、ちゃら~、ちゃちゃ~、ちゃららら~、ちゃららら~、ちゃららら~、ちゃちゃ~ …

茶川:さて、エレベータに乗って森タワーの52階までずどーんと行った後は?
SARU:えぇ、「世界最古の恐竜展」会場まで参りましたの。ところが、少々入り組んだ所にございましてね、危うくいきなり会場出口まで行ってしまうところでしたのよ。
茶川:案内板はなかったんですかねぇ。
SARU:例の恐竜の足跡がありましたの。
茶川:ほぅ。
SARU:前のより小さくて危うく見逃すところでしたのよ。
茶川:会場設定、入り口に関しては少々お粗末だったようですな。
SARU:会場入り口で券に印を押して頂き会場に入りましたの。
茶川:ところで、この時点で既に会場入りしてしまったんですよね。写真はもう終わりですか?
SARU:いいえぇ、とんでもございません。実はこの恐竜展、会場で写真撮影が許可されておりましたの。
茶川:いゃ、そりゃ珍しいですな。普通はパンフレットを売るために写真禁止の所が多いいのに。
SARU:えぇ、ただし、フラッシュをたいたり、あとは動画の撮影は禁止されておりましたの。
茶川:では、これからが写真ラッシュということですな?
SARU:期待なすっていてくださいな。
茶川:ところで、今回、「地球最古の恐竜展」となっておりますが?
SARU:はい、本恐竜展はですね、三畳紀、今からおよそ2億3000年前の時代に焦点を当てておりますの。
茶川:2億3000年前!。あやー、桁が多すぎて想像もつきませんな。
SARU:そうですわね(笑)。この三畳紀の前の2億5100年前のペルム期の末期に生物の大量絶滅がありましたの。
茶川:ほぅ。それはなぜ?
SARU:詳細は解明されてはおりませんけれども、地殻変動による地球上のね、気温の上昇によるものと思われておりますのよ。
茶川:生物がゆでられたり焼かれちゃったりしたんですか?
SARU:(笑)まあ、そこまでは行かなかったにしろ環境の変化によってですね、そこで多くの生物が絶滅しましてね、その後その隙間を埋めるように哺乳類の祖先やワニ類の祖先、そして皆さん大好きな恐竜類が台頭してきましたの。
茶川:ってえと、本展示会ではその三畳紀の恐竜がみれるってぇことですかい。
SARU:ええ、それと恐竜だけでなく先ほどの哺乳類の祖先、ワニ類の祖先も展示されておりましたのよ。
茶川:哺乳類の祖先、ワニの祖先、そして恐竜と3種の動物が出てくるわけですな。なにやら生存をかけた戦いの予感がしますなぁ。
SARU:そうですの。三畳紀の後、ジュラ紀、白亜紀は恐竜の王国で、その後は一応鳥として姿は変えましたが現在恐竜は絶滅しておりますでしょ。
茶川:はい。
SARU:そしてワニ等の爬虫類は現在も地球上に存在しておりますわよね。
茶川:えぇ。
SARU:そして、私たち哺乳類は現世界で地球を支配しておりますわよね。
茶川:そうですねぇ。
SARU:この結果にはこの三畳紀のそれぞれの種による三つ巴が絡んできますの。
茶川:ほう、三畳紀は生物史において重要な時代だったわけですな。
SARU:そうなんですの。

SARU:会場に入り、最初のお部屋に入りますと、360°の岩石砂漠のパノラマ写真が広がっておりましたの。
茶川:ほう、それは何ですか?
SARU:これから見物します化石が発掘された所で、「イスチグアラスト州立公園」というところですの。
茶川:イスチグアラスト?
SARU:ええ、アルゼンチンのサンファン州首都から北東約300[km]の位置にありますの。
茶川:と言われてもよくわかりませんが…。
SARU:まあ、そうでございましょうね。

SARU:「イスチグアラスト州立公園」は上記の地図辺りにありますの。
茶川:なるほどね。
SARU:地図は拡大、縮小可能でして、しかも航空写真も御覧になれますので、航空写真でその荒涼とした様子をご堪能くださいませ。
茶川:面白そうですねぇ。
SARU:ここは風と雨の浸食を受けまして、奇岩が多く存在する岩石砂漠でして、よく「月の谷」というお名前で紹介されますの。
茶川:「月の谷」ですか。ロマンチックなお名前ですなぁ。
SARU:でございましょ。ですから観光地にもなっておりまして、2000年にはユネスコの自然世界遺産にも登録されましたのよ。
茶川:ほぅ、さぞ貴重なところなのでしょうな。
SARU:えぇ、その貴重なところの理由としまして、景観の良さの他に三畳紀の地層が表面に現れておりましてね、その頃の生物の化石を採取することができることもありますのよ。

Cimg1797
茶川:ほほぅ、やっと化石のお出ましですな。
SARU:これは先ほどのお部屋に展示されておりました化石ですの。
茶川:何の化石でしょうか?
SARU:これは「イスチグアラスト州立公園」で発掘される代表的な恐竜「フレングエリサウルス」の化石ですの。
茶川:何やら早口言葉の特訓に使えそうな名前ですなぁ。
SARU:まぁ、そうですわね(笑)。この恐竜は三畳紀後期の肉食恐竜で、この時代に生息した恐竜の中では最大且つ生態系の頂点に立った恐竜ですのよ。
茶川:最強戦士だったわけですな。
SARU:写真の取り方が少々悪うございましたが、ちょうど頭の骨の部分でして、上の骨が下顎、下の右側が上顎、下左に頭の部分の骨がありますの。
茶川:大きさはどれほどなんですか?
SARU:そんなに大きくはありませんの。まあ、せいぜい50[cm]くらいでしたかしら。全長も6~7[m]程しかありませんでしたのよ。体高も人より少し大きい程度かしら。
茶川:マイクロバス並みですな。で、この三畳紀を代表する恐竜のお出迎えで、本恐竜展の旅が始まるのですな。
SARU:そうでございますね(笑)。

ナレーター:この番組は「マイキーJrくん印のジャーキー」でお送りしました。

ブログパーツを自作しよう

ブログパーツを自作しよう

価格:2,100円(税込、送料別)

文中の地図の表示は上記「ブログパーツを自作しよう」の本を頼りにスクリプトを書きました。この本、結構使えますよgood

今回、「世界最古の恐竜展」のブログは少々やり過ぎて呆れられてしまったのか、コメントが全く来ておりませんcrying。でも、この形式でやり始めてしまいましたし、もう4話まで出来ておりますので、とりあえずこのままこの形式を採らせていただきたいと思いますbleah

さて、本日の親ばか写真館は、

Cimg1889

Cimg1890
「おかわりくん」を食べる銀ちゃんです。銀ちゃん、最近「おかわりくん」に夢中で、私が冷蔵庫を開けるとおかわりくんを出すんだと思って冷蔵庫まで飛んできますcoldsweats01。銀ちゃんのおかわりくんを食べるときのこだわりは、自分で袋の中に頭を突っ込んでおかわりくんを取り出して食べることですhappy01

« 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展1 | トップページ | 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展3 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

 第2弾ですね。
ところで恐竜はやはり鳥の仲間だったんですかねえ。
最近では永久凍土などで毛で覆われていた恐竜の化石が見つかっているらしく、ひょっとしたらあのティラノサウルスには体毛があったとかいう説まであるようですがどうなんでしょうかねえ。

 銀ちゃんの食べているのは『お座り君』の姉妹品の『おかわり君』でしょうかねえ。
うちの子たちも銀ちゃんのように袋に顔を突っ込んで好きなのを持っていくのがマイブームになっております。
銀ちゃんもやはり好きだったんですね。

「世界最古の恐竜展」のブログ、
なかなか面白いですよ!
途中、クスっとしながら読んでます。

私は、残念ながら本家の「兼高かおる世界の旅」
なる番組を知らないのですが、SARUさんの
ブログを読んで、本家の方も見てみたくなりました!

それから、前々回の記事でのコメント
ありがとうございます。
血液検査、なるべく早く受けるようにしたいと
思います。

こがっちさんのブログにもお邪魔してみようと
思います!

ポン太さん、コメントありがとうございました。

鳥類は恐竜から進化したという説が定着しておりますね。ティラノサウルスは羽毛のある恐竜「コエルロサウルス類」の一種で、また鳥類とも近縁なので、ティラノサウルスに羽毛があるかないかは現在議論されているようですね。しかし、その幼児には羽毛が生えていたとするのが定説になっているようです。

すみません。「おかわりくん」なんてありません。「お座りくん」でしたね。どうも「おかわりくん」、「おねだりくん」等と間違えてしまいますcoldsweats01

フェレ大好きさん、コメントありがとうございます。

「兼高かおる世界の旅」をご存じないですかぁthink。フェレ大好きさんはそういう世代なのですね。
今は海外旅行airplaneが気軽にできる時代ですが、昔は高根の花だったのです。そんな庶民のあこがれの番組tvだったんですよ。
現在はCSのTBSチャンネルで再放送をしています。海外旅行が高根の花だった時代の番組なので、少々陳腐に見えるかもしれませんが、是非ご覧になってみてください。ちなみに YouTube でもいくつか載っていたような…catface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/49443214

この記事へのトラックバック一覧です: 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展2:

« 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展1 | トップページ | 兼高SARU世界の旅:世界最古の恐竜展3 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2