フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

「マツダ殺傷・引寺容疑者『殺すつもりなかった』」に思うこと

挨拶ぬきsign03

マツダ殺傷・引寺容疑者『殺すつもりなかった』」について。

お前いい加減にしろsign03 犯行後「秋葉原を超えた」と自慢していたのはどこのどいつだsign03
ここにきて怖気付いたのかsign03 もう、情けないったらありゃしない。
「執拗(しつよう)な個人攻撃が事件前日まで続き、精神的に追いつめられてやった」ってどういうことだ? お前2ヵ月前に会社止めているだろう。どうやって会社の者が嫌がらせをするんだ。往生際の悪いこと言うのもいい加減にしろsign03 「秋葉原を超えた」のなら、執行される刑も「秋葉原」を超えてみたらどうだsign03

全く、遺族の方はこんなくだらない人間に大事な人を殺されたり傷つけられたりして、さぞかし無念でしょう。

2010年6月29日 (火)

「<マツダ殺傷>知人に携帯で『秋葉原を超えた』…引寺容疑者」に思うこと

今晩は、SARUです。

マツダ殺傷事件関連のニュースで、「<マツダ殺傷>知人に携帯で『秋葉原を超えた』…引寺容疑者」なる記事がありました。

何が「超えた」ですかね。「秋葉原殺傷事件」をまねただけじゃないですか。勘違いもいいところです。矛先が狂っていますし、独創性もないし、何も考えられない馬鹿が手っ取り早く有名になろうとする典型的な行為ですよね。情けないったらありはしません。
全く、こんなくだらない人間が起こす事件ほど迷惑で馬鹿げたものはありません。

2010年6月28日 (月)

銀ちゃん日記:ベッド遍歴2

今晩は、SARUです。

もう蒸し暑くて大変です。外に出るだけで汗だくになります。この季節、毎年こんなでしたか?

今回は前回の続き「銀ちゃん日記:ベッド遍歴」の2回目です。

4月中旬、銀ちゃんの放牧時間は増える一方、夜は必ず秘密基地#1に寝てしまうため、起こしてゲージに入れてあげなければならない日々でした。

Cimg1021
5 月中旬、解放した玄関も遊び慣れてしまい、さらなる刺激を求める銀ちゃんに対してついに私のベッドルームを銀ちゃんに開放してしまいます。すると銀ちゃん、早速ベッドの下手に秘密基地を作り始めました。

Cimg1034
その後、ここを直ぐに寝床にするのは時間の問題でした。写真 は私が脱ぎ散らかしたTシャツを私のベッドの下に持ってきてその上で寝ている銀ちゃんです。

Cimg1031
床に置いておいた毛布の上でも寝ています。

ベッドルームで寝る銀ちゃんの決定的瞬間です。
しかし、この時期はまだ夜には必ず強制的にゲージに入れていました。

6月上旬、ついに銀ちゃんに外泊を許してしまいました。私が寝る時間まで銀ちゃんが秘密基地#1から出てこなかったので、もう起こすのも面倒になってそのまま私が寝てしまったのですcoldsweats02

Cimg1130
その後、何故か自分からゲージに入ってハンモックで寝た銀ちゃんですが、それ1回きりで後は銀ちゃんずっと外泊です。

Cimg1143
これは銀ちゃんがおもちゃとしてベッドルーム秘密基地に持ってきたフェレさん用ベッドをベッドと認識出来たときの写真です。その後、ベッドルームが寝床とな り、フェレさん用ベッドを使用するようになります。

Cimg1198
6月中旬、フェレさん用ベッドをひっくり返して寝る銀ちゃん の姿が見られました。フェレさん用ベッドの底はボアなので、暑さ対策としてベッドをひっくり返してビニール地の上に寝たものと思われます。

Cimg1201
その後、寝場所を秘密基地#1に戻したのですが、何故か使わないのにベッドを持参しています。

Cimg1206
再びベッドルームに寝床を移動したときの写真です。きちんとベッド持参です。

6月下旬、再び寝床を秘密基地#1に戻したので、その際にベッドルームの掃除も行いました。

Cimg1357
また、銀ちゃんをシャンプーしたところ、体がなかなか乾かず、銀ちゃんは私の脱ぎ散らかしたTシャツをベッドルーム秘密基地に持ってきて一生懸命もがいて体を乾かしていました。Tシャツでは吸水性が悪かろうと、引き出しからトレーナーを持ってきてベッドルーム秘密基地に置いたところ、銀ちゃんはそのトレー ナーに潜って体を乾かし始めました。

Cimg1359
そのトレーナーは銀ちゃんが再びベッドルームに寝床を移した時のベッドとなりました。この時も何故か使わないのにフェレさん用ベッドが…。

Cimg1360
その後、銀ちゃんに底がメッシュの新しいベッドを買ってあげたのですが、何故かまたベッドとして認識してくれません。そのベッドが上の写真の左側にちょ こっと写っています。

Cimg1363
ところが先週の金曜日、新しいベッドを使用している銀ちゃんを発見sign03 それにしても大胆な寝姿…。
この日を境に銀ちゃんはベッドルームの新ベッドあるいはトレーナーで寝たり秘密基地#1で寝たりの暮らしぶりです。でも相変わらず最初に買ったフェレさん用ベッドは使用しないのですが寝床には必ず持って行っていますcoldsweats01

以上、銀ちゃんのベッド遍歴でした。

こうしてみると、私が銀ちゃんを放し飼い状態にするまでには、何やら銀ちゃんに徐々に操作されてそうなったという感じがしますthink
ゲージの外で寝てたまに見せるかわいい寝姿、私の洋服等にくるまって寝てくれるという愛くるしさ、外泊を始めて許してしまった後に自らゲージに戻ってくる等の私への安心感のアピール、私が買ってあげたフェレさん用ベッドをベッドとして認識してくれたこと、どれをとってもなんだか絶妙なタイミングのような気がします。

銀ちゃん、飼い主を操作するなんてちょっと怖いぞcoldsweats02

2010年6月27日 (日)

銀ちゃん日記:ベッド遍歴1

今晩は、SARUです。

銀ちゃんは現在家の中で放し飼い状態です。以前はゲージで飼っていて朝晩の放牧をおこなっていたのですが、いつの間にかこのような状態になってしまいましたcoldsweats01
今回はこのようになったいきさつを銀ちゃんのベッド遍歴で追ってみましたmovie

Ingage_2
お迎え当初は黒いワイルドホームのゲージにチェック柄のハンモックでした。

Cimg0021
変えのハンモックは茶色で少々大き目。ビロードの肌触りです。この頃は放牧中に眠くなると、自らゲージに戻ってハンモックで寝ていました。

2月半ば頃の動画です。ソファにクッション代わりに置いておいた毛布でうつらうつらする銀ちゃんです。この頃から放牧中に眠くなると外で寝出すようになります。しかし、基本的にはやはりゲージに戻ってハンモックで眠っていました。

Cimg0117
秘密基地#1(ソファの下)で寝る銀ちゃんです。これは2月下旬頃の写真です。この頃になると、放牧時に眠くなると自らゲージには戻らず、秘密基地やソファの上の毛布で寝ることが多くなります。でも、最終的にはゲージに戻してハンモックで寝させるようにしていました。

Cimg0210
3月上旬頃の写真です。この頃から毛布の他にも私の脱ぎ散らかした服で寝るようになります。でも、まだ基本的な寝床はゲージのハンモックです。既に放牧中に眠くなってもゲージに戻らなくなってしまっています。

Cimg0247
3月中旬、銀ちゃんのゲージを「GB 710-F YG」に変えたました。実家に帰るときに銀ちゃんも一緒にと思い、実家に別宅を設ける為に新しいゲージセットを購入したのですが、こちらの方が広くて立派だったのでこちらを本宅、今まで使用していた本宅を実家用の別宅にしました。

Cimg0293
3月中旬、銀ちゃんが脱肛を起こしてしまいます。そしてお尻のしまりが悪いせいか、ゲージ内にいてもトイレまで下りることなく中3階の網の上で用を足してしまうようになってしまいました。そこで、ゲージの1階にも寝袋を用意して、1階でも寝ることができるようにしました。

Cimg0312
この頃、寝袋の他にもフェレさん用のベッドを買って先ほどの寝袋と交互で使用してもらおうと考えていました。しかし、銀ちゃんはゲージにベッドを入れてもそれを「ベッド」と認識せず「おもちゃ」と認識したらしく、ゲージから外に持ち出して秘密基地#1に隠す始末でした。
また、この頃から玄関へと続く廊下を銀ちゃんに開放するようになります。

* 本動画はトイレシーンですのでご注意を…。

4月上旬です。銀ちゃんはハンモックで寝たり下の寝袋で寝たり自由にしていました。

Cimg0439
温かくなってきたせいか、寝袋の中ではなく上に寝ることもしばしば…。

とりあえず本日はここまでとします。

2010年6月26日 (土)

鎌倉「長谷寺」へ紫陽花を見に行ってきました4

今晩は、SARUです。

本日、買物から帰ってきて台所の床に買ってきたものを置き、洗面所で手洗いやうがいをして台所に戻ってみると、銀ちゃんが買物袋からぬか漬けきゅうりの袋を引き出している所でしたsweat01。あわててぬか漬けきゅうりの袋を取り上げようとすると、銀ちゃん、袋をしっかと咥えてなかなか放しませんでした。銀ちゃん、それほどまでにぬかみそが好きなんですねcoldsweats02

本題に入ります。本日は「鎌倉『長谷寺』へ紫陽花を見に行ってきました」の4回目です。

Cimg1339
上境内と下境内の中腹にある「地蔵堂」です。

Cimg1336
その周囲にはたくさんのお地蔵様があります。主に水子供養が行われるようです。

Cimg1340
同じ階にある「卍池」です。池が「卍」の形をしています。

Cimg1335
「地蔵堂」のあった中腹から「下境内」に下りた直ぐの小川に掛かる橋から撮った白い花菖蒲です。きれいです。

Cimg1342
「下境内」にあるもう一つの池、「放生池」です。木枠に植えられた花菖蒲が池に浮かんでおります。

Cimg1341
「放生池」に流れ出る滝です。

Cimg1343
「放生池」から左奥へ進むと「弁天窟」があります。

Cimg1344
「弁天窟」前の石仏です。こちらはどなたでしょうかcoldsweats01

Cimg1346
「弁天窟」内部です。中には「弁財天」様と「十六童子」様が掘られております。
入り口付近でローソクを買い、それを納めてお参りをします。
私は

Cimg1347
「金財童子」様(金銀財宝の神様)と

Cimg1348
「牛馬童子」様(動物愛護の神様)にお参りしました。
そう言えば、大将である「弁財天」様にはお参りしていませんでしたcoldsweats01

以上「鎌倉『長谷寺』へ紫陽花を見に行ってきました」でした。

本日の親ばか写真館は

銀ちゃんの得意技「マットかき」です。マットの下を掻きながら移動します。

2010年6月25日 (金)

鎌倉「長谷寺」へ紫陽花を見に行ってきました3

今晩は、本日ちょっと不調だったSARUです。
今は元気です。

「鎌倉『長谷寺』へ紫陽花を見に行ってきました」も本日で3回目。「長谷寺」の紫陽花が見事且つ種類が豊富なので思わず「紫陽花観賞」のレポートが2日に渡ってしまいました。「長谷寺」にはなんと約40種類、約2500株の紫陽花があるそうです。

Cimg1315

Cimg1316

Cimg1320

Cimg1321
紫陽花と上境内の建物です。斜面に沿ってたくさんの紫陽花が咲いています。

Cimg1324
紫陽花とお地蔵様。

Cimg1325
「経蔵」と竹林、紫陽花のアンサンブルです。日本を感じますね。

ここで「眺望散策路」は終了です。

Cimg1328

Cimg1329
(おじさんが退くまで待とうとしたのですがなかなかどいてくれなくて、仕方なく写真を撮ってしまったら、頭だけ写ってしまいました。おじさんには悪いのですが、折角のいい景色が…sad。)

Cimg1331

Cimg1332
「経蔵」から「眺望散策路」を眺めた風景です。ここからの眺めもまた格別でした。

Cimg1333
こちらはお釈迦様でしょうか? 手に紫陽花の花束を持っておられます。

Cimg1334
お釈迦様の足跡「仏足石」です。古代インドでは像を作る習慣がなかったため、このような足跡でお釈迦様を表現したそうです。本習慣は紀元前4世紀にもさかのぼるとか…coldsweats02

本日はここまでです。次回は紫陽花は出てきませんが、「長谷寺」境内の他の施設をご紹介します。

さて、本日の親ばか写真館は後日紹介しようとしているブログ記事の予告篇です。

Cimg1360
トレーナーにくるまって寝る銀ちゃんです。ここになぜトレーナーを置いたかは後日書くブログでご紹介します。
写真の左にも何か写っていますが…secret
顔と手と足がちょこっとずつ見えていてかわいいheart04(親ばかですみません…coldsweats01。)。

2010年6月24日 (木)

鎌倉「長谷寺」へ紫陽花を見に行ってきました2

今晩は、SARUです。

本日は「鎌倉『長谷寺』へ紫陽花を見に行ってきました」の2回目です。

前回は紫陽花の咲いている「眺望散策路」で入場制限に遭い、展望台で順番が来るまで待っている所まででした。
順番は40分も待たずにやってきました。蛇行するようにロープで区切られた領域に入り、「眺望散策路」に登れるようになるまで待ちました。

ロープで囲われた周りには様々な珍しい紫陽花の鉢植えがありました。

Cimg1262
これは「フェアリーアイ」という種類です。

Cimg1264
ピンボケですね。これは調べたのですがちょっと分かりませんでしたcoldsweats01

Cimg1265
「黒姫」です。

Cimg1270
最初のものと色が異なりますが、これも「フェアリーアイ」と思われます。

Cimg1271_2
「眺望散策路」の入り口です。階段脇にたくさんの紫陽花が咲いております。なんて言ってるより、兎に角すごい人ですcoldsweats02

Cimg1272
ふと横を見ると、池の上の木に何やら泡が…。これ、「モリアオガエル」の卵ですよねcoldsweats02。どこかのご婦人が「カマキリの卵?」とか言われてましたが、「こんなでかいカマキリの卵があるかっangry。」と思わず突っ込みたくなってしまいましたcoldsweats01

Cimg1275
上まで続く紫陽花の道。

Cimg1277
振り向けば長い行列…。

Cimg1278
「経蔵」と紫陽花。

Cimg1285
種類は分かりませんが、淡いピンクと花弁のひらひらがきれいです。

Cimg1286
「海光庵」と紫陽花。

Cimg1287
「ベニガクアジサイ」の赤く色着く前の段階?

Cimg1294
展望散策路から見えた由比ヶ浜の景色です。

Cimg1301
これも種類は分かりませんが、普通に見る青い紫陽花でしょうか?

Cimg1303
これも種類が分かりませんが、花弁がでかい。

Cimg1306
石塔と紫陽花。手前は「アナベル」か?

Cimg1308
ベニガクアジサイ。赤色が鮮やかです。

Cimg1311
ウズアジサイ。花弁が厚く小さいのが特徴です。

Cimg1314
路は既に下っております。右斜面にはたくさんの紫陽花が咲いていました。

「眺望散策路」はまだまだ続きますが、本日はここまで。

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg1355

Cimg1356

Cimg1357
シャンプー後の銀ちゃんです。吸水タオルで拭いたのですがなかなか体が渇かず、Tシャツの上でのたうちまわりながら毛繕いをしています。

2010年6月23日 (水)

鎌倉「長谷寺」へ紫陽花を見に行ってきました1

今晩は、SARUです。

ファイルサーバのOSアップデートが今朝終わり、無事写真データを取り出すことができました。
本日は先日行きました「長谷寺」での紫陽花観賞をご報告します。

「長谷寺」へ続く道の交差点付近から既にすごい人だかりでした。「長谷寺」の前では大勢の人が拝観チケットを買うために並んでおりました。「私も早くチケットを買わなければ」と焦ってしまい、お寺の入り口の写真を撮るのを忘れてしまいましたcoldsweats01

Cimg1248
「長谷寺」入り口付近にある「妙知池」です。

Cimg1246
花菖蒲が木枠に植えられて池に浮いておりました。

Cimg1253
花菖蒲のアップです。

Cimg1247
その奥に咲いているのはゆりでしょうか? こんなに毒々しい色のゆりは初めて見ました。

Cimg1252
池には睡蓮が一輪だけ咲いていました。

Cimg1254
上境内へと行く階段の途中で、脇にかわいいお地蔵さんがありました。「和み地蔵」というのだそうです。確かに見ていると和みますねconfident
ちなみに、「長谷寺」入り口付近の「妙知池」等がある場所は「下境内」というのだそうです。

Cimg1256
上境内にある阿弥陀堂です。中には「源頼朝」が42歳の厄除けの為に作らせたとされる「阿弥陀如来」像があります。撮影禁止でしたので写真はありませんが、黄金に輝く立派な阿弥陀様でした。

その左隣に「観音堂」があったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいましたcoldsweats01。中にはまた大きな「十一面観音菩薩」像があります。これも撮影禁止でした。本観音堂ではローソク堂にローソクを立てて様々な祈願を行えるようになっておりました。私は、まずここ十数年、全くご先祖様のお墓参りに行っていなかったので「ご先祖供養」と、「祈願成就」のローソクを買ってお参りしました。

さて、今回の目的である「紫陽花」ですが、上境内のさらに上へ行く「眺望散策路」脇に植えられていました。入場制限が行われており、「観音堂」のお参り後時点で私は「40分待ち」でしたsad。「そんなに待つなら、見ないで帰ってしまおうか。」とも思ったのですが、折角来たので待つことにしました。

Cimg1258
待っている間に眺めていた「見晴台」からの「由比ヶ浜」の眺望です。

Cimg1261
海にはヨットが浮いておりました。

とりあえず本日はここまでとします。

今日の親ばか写真館は、

Cimg1359
ここのところ、秘密基地#1(リビングのソファの下)で寝ていた銀ちゃんですが、本日、再びベッドルームに戻ってきましたcoldsweats01
フェレさん用ベッドは前までは秘密基地#1に半分はみ出した形で置いてありました。本日またベッドルームへ移動させたようです。でも御覧の通り使用していません。
しかし使いもしないフェレさん用ベッドをわざわざ運んでくるのは、一体どういうことなのでしょうねthink

2010年6月22日 (火)

ファイルサーバから写真データを取り出せない…

今晩は、SARUです。

予定では本日、「長谷寺」での紫陽花観賞のレポートをするはずだったのですが、ファイルサーバに格納しておいた写真データを取りだすことができないのでレポートできませんdespair

昨日、ファイルサーバのOS(Linux Ubuntu)のアップを開始したのですが、一日経った現在もまだ終わりません。
昨日は一応作業用PC(Windows7)でファイルサーバのディレクトリにネットワーク接続していたのですが、本日作業用PCを再立ち上げした際にネットワーク接続が切れ、その後、再接続ができなくなってしまいました。
恐らく、ファイルサーバがOSのバージョンアップにCPUを食い過ぎて作業用PCからの接続要求になかなか返答できないのが原因かと思われます。

今朝の時点でOSのアップが22時間で完了するという表示が出ていたのですが、現在はあと19時間かかると出ています。アップ終了予定時間が伸びに伸びてしまっていますcoldsweats02

一体、いつになったらOSのアップが終わることやら…despair

2010年6月21日 (月)

鎌倉「成就院」へ紫陽花を見に行ってきました

今晩は、SARUです。

ここのところ雨が降ったり湿気が多かったりで不快です。私は湿気が苦手で、湿気があると大量の汗が流れ出ます。毎日汗びっしょりで過ごしています。

そんな中、先週末に涼を求めて鎌倉へ紫陽花を見に行きました。まずは「成就院」です。

Cimg1208
私の乗ってきた江ノ電です。今回初めて江ノ電に乗りましたが、線路の脇は通常の住宅街が迫っていて、まるで住宅街の細い裏路地を走っているような感覚でした。

Cimg1209_2
「成就院」最寄りの駅「極楽寺駅」です。こじんまりとしていてかわいい駅でした。

Cimg1214
駅から東の車道を行くと成就院の入り口にたどり着きます。

Cimg1215
階段を上がると成就院の西結界(門)が現れました。

Cimg1216

Cimg1217
西結界付近で早速紫陽花の写真を2枚。

Cimg1220
成就院の門です。兎に角人がいっぱいで中がどうなっているのかが分かりませんでしたが、とりあえずお参りしてみました。

Cimg1221
境内です。正面に見えますのが、私は最初作務所かと思っていたのですが、実は御本堂でした。一応、お参りしておきました。兎に角すごい人出です。

Cimg1226
本お寺は空海と縁のあるお寺で、ご本尊は不動明王です。写真は外にあるご本尊の分身です。なんでもパワースポットなのだとかcoldsweats01。ご利益は不動明王にしては珍しくheart01縁結びheart01です。
境内はかなり狭いのですが兎に角すごい混みようで、境内に入ってから出るまでかなり時間がかかりました。

Cimg1227

Cimg1228
門を出て更に進むと、何やら人だかりが…。よく見ると、成就院のビュースポットでした。階段を挟んで紫陽花が、前方には由比ヶ浜が眺望できます。

Cimg1230

Cimg1232

Cimg1233_2

Cimg1234
短い下り階段の両脇にはたくさんの紫陽花が咲いていました。中には見たこともないような紫陽花も…。

Cimg1237
東結界(門)です。成就院の紫陽花観賞はここで終了です。

次回は、「長谷寺」の紫陽花をご紹介したいと思います。

恒例、親ばか写真館は、

Cimg1351
セクシー銀ちゃんと

Cimg1353
甘ったれ銀ちゃんです。

私が台所に立つと、銀ちゃんはセクシー銀ちゃんのように寝っ転がって私を眺めたり、ただ眺めたり、私の足元でじっとしていたりすることが多いです。特に何か欲しいということでもないようです。銀ちゃん、何を求めているのでしょうかthink

2010年6月20日 (日)

「『遊星からの物体X』前章、全米公開は2011年4月に決定」に思うこと

今晩は、SARUです。

皆さんご存知でしょうか。1982年に公開された、「ジョン・カーペンター」監督の映画shine遊星からの物体X(英題:The Thing)shine。南極基地で繰り広げられる「SFホラーサスペンス」とでもいうべき素晴らしい作品です。
私は本作品をテレビで見て、映画、特にSFXを駆使したホラーに興味を持ったと言っても過言ではありません。
物語的にも素晴らしい作品ですが、なんといっても、地球の生物に乗り移った宇宙生物の姿形は現在でも漫画等のパロディにされる程のインパクトを持っています。

Cocolog_oekaki_2010_06_20_07_58
物体X(お粗末ですみません…coldsweats01

このたび本作品の前章が2011年4月に公開されるという記事がありました(『遊星からの物体X』前章、全米公開は2011年4月に決定)。
これだけ時が経っていれば「リメイク」になってもよいところですが、「リメイク」にしなかったのは、'82年作品が現在でも通用する完璧さを持っているからだと思われます。

果たして前章は本章を超えられるでしょうか? 今から楽しみです。

遊星からの物体X

遊星からの物体X

価格:1,619円(税込、送料別)

遊星からの物体X【Blu-rayDisc Video】

遊星からの物体X【Blu-rayDisc Video】

価格:4,442円(税込、送料別)

親ばか写真館は

Cimg1207
手に付いたぬかみそを舐める銀ちゃんです。相変わらずぬかみそが大好きですcoldsweats01

2010年6月18日 (金)

銀ちゃん動画:段ボール箱に興味のある銀ちゃん

今晩は、SARUです。

楽天ブックスから届いた荷物を玄関に置いておいたら、銀ちゃんが興味津津。
いつもはキリのいいところで「銀ちゃん退場」となるのですが、いつまで経っても段ボール箱と格闘していたので撮影を切り上げると、途端、段ボール箱との格闘を止めてしまいました。銀ちゃん、撮影サービスだったの?

2010年6月17日 (木)

銀ちゃん日記:ベッド持参2

今晩は、SARUです。

銀ちゃん、寝る場所をまたベッドルームに戻しました。もちろん、ベッドも一緒にcoldsweats01

Cimg1205
いくつかのおもちゃもベッドルームに戻したようです。餌が2粒、非常用でしょうかcoldsweats01

Cimg1206
いつものポーズで爆睡中sleepyです。

ホント気まぐれですねcoldsweats01

2010年6月16日 (水)

銀ちゃん日記:ベッド持参

今晩は、SARUです。

銀ちゃん、本日は秘密基地#1(ソファの下)でおねんねです。

Cimg1201
何故か使わないのにベッドまで持参ですcoldsweats01

Cimg1204
秘密基地で寝る銀ちゃんです。他のおもちゃ類もこちらに移動させているのが分かります。
もう一緒にベッドルームで寝てくれないんでしょうか? ちょっと寂しい…weep

2010年6月14日 (月)

SARUのネットショッピング?:湿気対策グッズ

今晩は、SARUです。

とうとう関東にもrain梅雨rainの時期到来です。これからはじめじめ蒸し暑い季節が続き、押し入れやクローゼットの湿気、カビ対策に頭を悩ます方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

うちは南西に面したリビング、和室の窓と、北東に面した洋間2部屋の窓を開ければ風が通り、湿気もある程度逃げるようになるのですが、日中外出するときはリビング、和室の窓を開けることができず、洋間2部屋に結構湿気が溜まってしまうようになりますdespair

そこで、以前「SARUのネットショッピング?2」でshineドライボーイミニ(■只今エントリーでポイント3倍!6/17 9:59迄■カンキョー【ジメジメ梅雨対策に!】ちっちゃな...shineをご紹介しました。現在も活躍中です。

また、入れ替える除湿剤についてですが、現在、「SARUのネットショッピング?2」で提案した融雪用塩化カルシウムを使用しています。形状も性質も「ドライペットコンパクト詰め替え」で使用されているのと全く同じです。
私は「粒状塩化カルシウム25kg(【融雪剤やグランド整備などに!】塩化カルシウム(25kg)注--9袋迄のご注文は、1袋毎に送料が... )」を購入しましたが、1gあたり0.08円と「ドライペットコンパクト詰め替え用(0.3円/g)」に比べると格安です。本製品を昨年11月辺りに購入したのですが、まだ半分ほど残っています。
ただ、25kg といいますと、5kg の米で考えるとその5倍sweat01。本製品を格納しておく場所が必要ですし、持ち運びに時はかなり重いですdespair。その点に目をつぶればこれはいい代用品だと思いますhappy01

私は除湿アイテムとしてこれ以外にも「ピュアエアエクセレント( 『ピュアエアエクセレント』春・夏には除湿機、秋・冬には加湿器として♪1年を通して、ずっと... )」を使用しております。
本製品は除湿とともに消臭も行え、動力は単2電池2個ですので、「ドライボーイミニ」と同じくコンセントの無い場所でも使用可能です。私は和室の押し入れにとウォーキングクローゼット(ここにはドライボーイミニもあります。)、あとはリビングに置いています。仕組みも簡単、「ピュアエアエクセレント」に除湿剤と市販の粒ゼリータイプの消臭剤を入れ、空気を取り込んで除湿、消臭を行います。
ただ、本製品、除湿能力が結構優れているのか、ほぼ3日で除湿剤が無くなってしまうので入れ替えが大変です。また、電池もやはりほぼ3日で切れてしまいます。よって、電池については何回も充電可能な電池を使用しております。大きさは126×245×175mmと、「ドライボーイミニ」よりは少し大きめです。

余談ですがこの製品、加湿器としても使用可能で私のリビング用の「ピュアエアエクセレント」は冬になると寝室の加湿器に変身します。加湿方法は水を張った入れ物に円筒形のスポンジを立ててそこに空気を送ることによる気化式であるため、過剰に加湿されることはありません。

以上、私愛用の湿気対策グッズでした。

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg1198
フェレさん用ベッドで寝る銀ちゃんですが、何かお気付きの点はありませんでしょうか? そう、ベッドが裏表逆になっているのですhappy02。本ベッド、実は冬用で底はボアになっているのですが、その裏はビニール地になっています。銀ちゃん、ベッドを裏返してビニール地の上で寝ているのです。暑かったからでしょうか? 銀ちゃん、頭いいcoldsweats01? (でも、床で寝れば済む話だと思いますが…。)

つぶやきブログ:はやぶさ

おはようございます、SARUです。

小惑星「イトカワ」の砂を入れたshineはやぶさshineのカプセルが地球に戻ってきましたね。
「はやぶさ」本体は大気圏で燃え尽きてしまいましたが、この「はやぶさ」幾多の試練を乗り越えて立派に役目を果たしました。
えらいっsign03 尊敬しますheart04

2010年6月12日 (土)

瀬上沢小川アメニティでホタル狩り

こんにちは、SARUです。

今年春辺りから家の周りの遊歩道散策をしておりますが、その過程でこの付近にもホタルflair、しかもゲンジとヘイケ双方が出現するということが分かりました。そこで「是非今年はホタル狩りをしたいsign03」と思い、機会をうかがっていたのですが、夜出歩くのが何となくおっくうで今まで機会を逃しておりました。
ホタル観賞に最適な条件としては、diamond湿気が多く蒸し暑い、月明かりのない曇りの日diamondということですが、天気予報を見たら昨晩はまさにそれにうってつけの日でした。しかも、本日は晴れ、その後は雨の続く天気で、更に、ゲンジボタル観賞時期は6月中旬までとのことでした。なので、「明日を逃したら今年見る機会が無くなってしまうかも」と思い、昨日の夜、ホタル狩りに行くことに決めました。

場所は「瀬上沢小川アメニティ」です。以前、「『瀬上沢小川アメニティと瀬上市民の森コース』散策1~5」でご紹介した場所です。アメニティのあちこちに「ホタルのさなぎがあります。…」なる貼り紙があったので、ホタルが居ることは確実だと思ったからです。

「瀬上沢小川アメニティ」までは「いたち川プロムナード」を歩いて行きました。すると、なんと「いたち川」にもホタルがいるではないですかsign03 「瀬上沢小川アメニティ」に近い場所ですが、ちょうど「坊中の水辺」辺り、カワセミハンターの方々がカワセミを写真に収めるべくカメラを構えていた場所周辺です。対岸の竹林にホタルが数匹飛んでいるのを確認しました。

Cimg1151
なんとか写真に収めてみました。ほとんど分かりませんが、写真中央よりやや左上にやや白い点が見えるかと思われます。

いたち川プロムナードを離れ、大通りに出て、 「瀬上沢小川アメニティ」へ下りる階段を下りました。そして川を覗くと…

「すげえ。」

思わず言葉が漏れました。大通りの近くなのに既にホタルが2、3匹いたのです。強くて大きな光「ゲンジボタル」です。

この後、「瀬上沢小川アメニティ」を回りながらホタル狩りを楽しみました。
一応写真を取りましたので御覧ください。デジタルカメラでフラッシュをOFF、光の感度を一番高く(ISO感度 3200)していますが、やはりホタルの光を取る等の高度な撮影を行うには性能の低いデジタルカメラでは限度がありますね。三脚も使っていないので手ぶれもしまくりですcoldsweats01

Cimg1163

Cimg1165

Cimg1179

Cimg1192

ゲンジボタルはアメニティ沿いのあちらこちらに数匹まとまって居る感じでしたが、全体的には100を超える数はいたのではないでしょうか。

動画も撮ってみました。

やはりデジタルカメラでは限界が…。最初の動画にはホタルがあまり映ってはおりませんが、カエルの声が心地よかったので載せました。

ホタル狩りに来ている方は結構いらっしゃいました。子供の大群が押し寄せてきたりしましたが、兎に角annoyうるさいannoy。大人も子供も。雰囲気台無しですpout。もう少し静かに観賞できないものなのでしょうか? ちなみに本ブログ記事掲載の動画はなるべく静かなものを選びました。

まあ、周りがうるさくて幻想的な世界にあまり浸れなかったのが少々残念でしたが、とりあえず今年、ホタル狩りができて良かったです。
本日は夕方から曇りだそうなので、ゲンジホタル見ることができるのではないでしょうか。明日以降来週前半は雨降りですが、うまく夕方に雨が止めば見れますね。来週後半は曇りとのことですが、この頃はゲンジボタルの出現ピークは過ぎるようなのでどうなのでしょうか。

さて、本日の親ばか写真館は大したものはありませんが…

銀ちゃんのズボントンネル遊びです。本人もあまり乗り気ではない模様。何もすることがなく、仕方なくやっているような感じですねcoldsweats01
こうしてみると、床に結構ゴミがありますね。掃除せねば…sad

2010年6月11日 (金)

大涌谷に行ってきました3

今晩は、SARUです。

本日は「大涌谷に行ってきました」の3回目です。

前回ご紹介した温泉源の動画です。

途中、ガスがこちらの方に向かってきたのでむせてしまい、動画を直ぐに止めてしまいました。
実はこの場所、「大涌谷」で有名な黒いゆで卵shine黒玉子shineを作っているところです。なので…

お兄さん、火山ガス被りながら作業をしています。良く平気ですねcoldsweats02

さて、例の「黒玉子」ですが、なぜ黒くなるのかといいますと、温泉に含まれる硫黄と鉄分が卵の殻と結びつき、化学反応を起こすからだそうです。上記の温泉源付近の「玉子茶屋」で販売されています。5個セットで500円です。結構高めですdespair
本黒玉子を1個食べると7年寿命が延びるとされています。
「ただの黒いだけのゆで卵」と分かってはいるのですが、縁起ものですので、とりあえず食べることにしましたcoldsweats01

Cimg1108
「黒玉子」のパッケージです。

Cimg1109
本体「黒玉子」はこのように真っ黒です。

Cimg1110
殻をむくと中は普通の白いゆで卵です。
ゆでたてほやほやで卵が熱く、殻をむくのが大変でした。味も普通のゆで卵なのですが…

Cimg1111
高いところから周りの景色を眺めて食べると何故かおいしく感じます。

「玉子茶屋」で黒玉子を食べた後は元来た道を戻り、駐車場で車に乗って帰りました。

今回の「大涌谷」小旅行ですが、結構外国の方がいらしていたのに気付きました。気付いた中では、中国系、欧米系、韓国系、インド系の方々です。特に中国系の方々が多かったです。やはりビザ緩和の影響でしょうか?

黒玉子は銀ちゃんに長生きしてもらうために是非食べて頂きたく思い持ち帰り、黄身の部分をあげてみました。偏食銀ちゃん、卵の黄身は食べませんweep。大好きなぬかと混ぜてあげてみたのですが、全く受け付けませんcrying。仕方がないので銀ちゃんの代わりとして私が全部頂きましたcoldsweats01

さて、本日の親ばか写真館は

少し前まで私と一緒に遊んでいたのに、急にベッドに入って寝ようとする銀ちゃんです。なぜかベッドから体半分をはみ出させて寝ようとしています。

Cimg1150
その後、ちょっとして撮った写真です。やはり体半分はみ出ています。暑かったのでしょうか?

Cimg1195
更に時間が経ったときの様子です。ベッドにすっぽりはまっていつものポーズで爆睡です。

2010年6月10日 (木)

大涌谷に行ってきました2

今晩は、SARUです。

昨日の続き「大涌谷に行ってきました」の2回目です。

Cimg1086
噴煙地に行くための入り口です。

Cimg1087
これは入り口から少し行ったところから写した「立入り禁止区域」の火山ガスです。立入り禁止区域でなくても、火山ガスは亜硫酸ガス、硫化水素ガスなのでまともに吸わないように気を付けた方がいいです。

近くに温泉の流れがありましたので、動画を取りました。温泉の流れる音ともくもくと立ち上る火山ガスをご堪能ください。

Cimg1090
このような登り道が続きます。

Cimg1092
「お尻から失礼」と言う感じですが、一生懸命鳴いていた鶯です。こんなところに居て大丈夫なのでしょうか?

Cimg1094
上流より流れる温泉です。いい湯加減でした。

Cimg1099
大涌谷の記念撮影スポットです。手前の外国人(どうも英語圏の方ではなさそう)の金髪のおばさん(お姉さん?)が日本人の老夫婦に一緒に並んだところを取ってあげると身振り手振りでお話ししているのですが、この老夫婦、それが理解できているんだかいないんだか、ずっとこの場所で立ち往生です。私は人の掃けたところで写真を撮りたかったのでずっと待っていたのですが、解決しそうな様子がなかったのでお三方が居る状態で写真を撮ってしまいました。

Cimg1100
更に少し上ると温泉源の1つがありました。ここまで来るとお湯は熱そうです。

Cimg1103
別の温泉源です。ここでは火山ガスと湯気がもうもうと立ち上っていました。独特の匂いが強く鼻を刺激します。
ここでも動画を取りましたが、それは次回と言うことで…。

さて、本日の親ばか写真館は

Cimg1144
ベッドルームのフェレさん用ベッドでsleepy爆睡するsleepy銀ちゃんです。前回もお話ししましたが、このベッドは銀ちゃんが自分でこの場所に運んできました。始めはおもちゃのつもりだったのですが、最近、やっとこれが「ベッド」だということが分かったようです。
いつものように片手をあげての爆睡ですcoldsweats01

2010年6月 9日 (水)

大涌谷に行ってきました1

今晩は、SARUです。

先日、少し足を伸ばして「大涌谷」に行ってきました。
「大涌谷」は箱根一帯の40万年前の火山活動の名残りを今に伝える噴煙地です。沼津に住んでいた頃に車で直ぐだったので結構頻繁に行っていたのですが、こちらからはどうなのだろうと思い行ってみました。
大体車で同じ時間、1時間半程でした。ただし、こちらからは高速道路を使用します。

大涌谷の駐車場に着き外へ出ると、もう微かに硫黄の匂いがしました。

Cimg1075
駐車場脇の展望台より「冠ヶ岳」方向を取った写真です。もくもく火山ガスが吹き出しているのが分かります。

Cimg1076
南西方向には「芦ノ湖」が見えます。沼津時代はよく芦ノ湖にも行きました。

Cimg1077
北西方向には富士山が見えるはずなのですが、この時期、やはり雲に隠れてしまい、富士山を見ることはできませんでした。

Cimg1083
大涌谷には「早雲山駅」よりロープウェイも通っています。今までロープウェイに乗ったことがなかったので今回乗ってみようかと思ったのですが、「早雲山駅」までは片道8分の乗車で740円もかかります。ロープウェイを乗るとしたら、芦ノ湖の海賊船乗車を含めた乗り放題切符2,500円を買った方がお得です。今回、芦ノ湖まで行くつもりはありませんでしたので、ロープウェイに乗るのもやめました。

とりあえず腹ごしらえと言うことで、大涌谷観光センターのレストラン「遊乃花」に入り、そこで「元祖 大涌谷の黒カレー(\1,200円)」を食べました。真っ黒なカレーで味は欧米風と言ったところでしょうか。おいしく頂きました。

さて、早速噴煙地まで登ってみます。

Cimg1084

Cimg1112
噴煙地入り口付近にある「大涌谷延命地蔵尊」と「浄め湯かけ地蔵尊」です。
「延命地蔵尊」は「弘法大師」に縁のあるお地蔵さんだとか。
「浄め湯かけ地蔵尊」は「神泉の湯」をお地蔵さんにかけながらお願い事をするのだそうです。とりあえず、両お地蔵さんに健康祈願してきました。

とりあえず本日はここまでです。

本日の「親ばか写真館」は

Cimg1143
フェレさん用ベッドで寝るsleepy銀ちゃんです。先日ブログ記事「銀ちゃん日記:寝る場所2」でも書きましたが、銀ちゃんは今まで本ベッドをおもちゃだと思っていたようで、秘密基地に隠すだけで本ベッドで寝てくれませんでした。先日、やっとこれがベッドだと気付いたようです。

Cimg1058
また、父の要望でもう一度「伏せ銀ちゃん」を載せました。これでよかったでしょうか?

2010年6月 7日 (月)

銀ちゃん日記:寝る場所2

今晩は、SARUです。

昨晩から今朝にかけて、銀ちゃんは私のベッドルームでおねんねでした。
私が見たときには、ベッドルームの秘密基地(ベッド下手と壁の隙間)で寝ていました。
銀ちゃん、ベッドルーム秘密基地に、以前私が購入してあげたのですがおもちゃと勘違いしていたフェレさん用のベッドを持ち運んでいました。そして今回、やっとそのフェレさん用ベッドがおもちゃではなくshineベッドshineであることに気付いたらしく、そのフェレさん用ベッドに入って寝ていましたsign03。買った甲斐がありましたcrying

銀ちゃん、ちょくちょく起きては私が寝ているベッドに上がってきて、布団の中に入ってきて私の体をくすぐるは、がりがりひっかくは、私の顔を舐めるはで、ちょっと迷惑でした。

朝起きると、ベッドルームのクローゼット付近に大量の粗相が…crying

現在、また銀ちゃんはベッドルームで寝ています。本日はまたこのままベッドルームに寝かせておくか、それとも強制的にゲージに入れるか、どうしましょうthink

Cimg1142
21時現在の銀ちゃんの様子です。すっかり寝入ってます。

2010年6月 6日 (日)

銀ちゃん日記:寝る場所

こんにちは、SARUです。

最近、銀ちゃんがゲージの中で寝てくれませんでしたdespair。先一昨日の晩と一昨晩は放牧中に秘密基地#1(リビングのソファの下)で眠ってしまい、私が寝る時間まで出てこなかったので、そのまま秘密基地#1で寝かせてしまいました。昨日の日中はずっとベッドルームで寝ていました。昨晩も放牧中に秘密基地#1で寝てしまいなかなか出てこなかったのですが、私が寝るときに強制的にケージに入れました。本日も朝から外に出ずっぱりで、午前中は遊んだり寝たりの繰り返しで、寝るときはやはりゲージに入らず秘密基地#1やベッドルームで寝ていました。
「ゲージに入るのがいやなのかな。」と思ってたところ、お昼過ぎ、秘密基地#1からひょっこりでてきて、なんと今は自分からゲージに入っておねんねですcoldsweats02

フェレさんは気まぐれでどこにでも寝てしまうのでしょうか? それとも、銀ちゃんが特別think

Cimg1127

Cimg1128
ベッドルームで寝る銀ちゃん。包まっているのはベッドの敷きパッドです。洗おうと思ってベッドから外してベッドルームの床に置いておいたのですが、銀ちゃんが使っていて洗えませんでした。

Cimg1130
ゲージのハンモックで寝る銀ちゃん。

2010年6月 5日 (土)

つぶやきブログ:向かいの山、結構崩されている…

おはようございます、SARUです。

Cimg1129
向かいの山の道路工事の様子です。結構山を崩しています。あまり景観を壊さないようにお願いしたいです。
噂では、本道路のトンネル部分の工事については、トンネルを掘られる山の上の住人方との折り合いがついていないとのこと。トンネルの出口側だけ作ってどうするのでしょうね。きちんと道路ができる目安がついてから向かいの山の道路工事も始めてほしかったです。

横浜市ではこの道路建設に関する情報誌を発行していたのですが、横浜市のホームページにはH19年3月号以来発行がありません。今年4月の頭に私の住むマンション付近の道路建設に関する説明会が行われました。私は都合が悪くいけなかったので、そこで話した内容や質疑応答などの情報が欲しかったのですが、情報誌発行は相変わらずありません。ですので、「噂」でしか情報が入ってこないのです。
市では始めは情報誌を発行して本道路の建設に対する住人の承諾を得ようとしていたのですが、相変わらず住人の反対が多いので、このままうやむやのままに道路建設を行ってしまえと画策しているように思えてなりません。

向かいの山の道路建設に関して、きちんと情報開示してほしいです。

2010年6月 3日 (木)

銀ちゃん動画:ベッドルームで銀ちゃんとバトル

今晩は、SARUです。

今朝、ベッドルームで銀ちゃんがバトルを仕掛けてきたので応戦しました。
朝から元気な銀ちゃんです。

2010年6月 2日 (水)

至極の一曲「愛はかげろう」

今晩は、SARUです。

昨日はブログ「至極の一曲」でheart04中森明菜heart04さんのnotes難破船notesを紹介しました。
本日は「明菜さんつながり」でnotes愛はかげろうnotesをご紹介します。

本曲は2003年12月3日にユニバーサル・ジャパンより発売された明菜さんのアルバムshine歌姫3~終幕shineで収録されたカバー曲です。
オリジナルはshine雅夢shineなる男性2人(三浦和人さん、中川敏一さん)のユニットが1980年に発売してヒットしました。
「雅夢」さんによる「愛はかげろう」です。

実は本曲、私は初めから終わりまで聞いたのは明菜さんのカバーによるものが初めてで、雅夢さんが歌っているのを全て聞いたのはつい最近です。しかし本曲が流行っていた頃、確か時計か何かのCMでさびの部分が使われていて、その歌声は強く印象に残っていました。
雅夢さんの「愛はかげろう」は透明感のある歌声でさらりと歌いあげ、「愛」の「陽炎」あるいは「蜻蛉」のようなはかなさがうまく表現されているように感じます。

これを明菜さんが歌うと、

さらりと語るような歌声ですが、とたんに何か悲しさ、恨めしさが加わり重みを増します。同じ曲なのに不思議です。
でも、どちらの歌われたものも印象深くて素晴らしいと思います。

ところで、この「愛はかげろう」ですが、韓国ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」でパクられたのではないかという疑惑がありましたね。
では、notes最初から今までnotesを聞いてみましょう。

やはりさびの部分が何となく似ていますよね。しかし、この前の上海世界博覧会のテーマ曲のようにあからさまではありませんね。アレンジが入っていますcoldsweats01
でも世の中にはたくさんの歌があります。これくらいは似ても仕方がないのかなとも思いますthink

本日の「親ばか写真館」は

Cimg1113

Cimg1114
今朝、ゲージに無理やり押し込んだ後の銀ちゃんです。ゲージの正面に顔を向けて「まだ遊び足りないんですけど…。ほら、一生懸命寝ようとしているけど、目がパッチリ開いちゃっているんですけど…。」とアピールをしている様子です。
銀ちゃんには悪いのですが、もう放牧している時間がなかったのでこのまま眠っていただきましたcoldsweats01

2010年6月 1日 (火)

至極の一曲「難破船」

今晩は、SARUです。

本日の「至極の一曲」は「中森明菜」さんのshine難破船shineです。

この曲が流行ったのは中学か高校の頃でしたかね。
初めてこの曲を聴いたとき、なんだか悲しさを静かに語りながらも、奥底に秘めた愛憎やら怨念みたいなものが感じられ、とても印象深かったことを覚えています。
「怨念」などと聞くととても怖い印象に抱きがちですが、何故かそれに引き込まれてしまう、この人になら取り殺されても構わないと思ってしまう不思議な魅力がありました(ちょっと変態チックですかcoldsweats01?)。
恐らく明菜さんの雰囲気と歌唱力による賜物ですよね。

さて、本日の「親ばか写真館」です。

Cimg1073
以前、私の脱ぎ散らかしたTシャツの上で寝る銀ちゃんを紹介しましたが、その後、そのTシャツを洗濯してしまいました。しかし銀ちゃん、そのTシャツのあった場所でうろうろするので、新しいTシャツをその場所に置いた見たところ、御覧の通りです。
近くに「トンちゃん」まで置いているところを見ると、どうやらこの場所、銀ちゃんにとってはオープン型の「秘密基地」になっているようです(「オープン」なのに「秘密」とはこれ如何に、という感じですが…。)。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2