フォト

銀ちゃん(フェレット)

検索

  • ブログ内検索
    Loading...
    Loading...

ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

お気に入り(ショップ)

« くじ運ってありますか? | トップページ | 忙しい休日 »

2009年10月24日 (土)

公務員さん、お願いしますよ!!

おはようございます、足の皮がいまだにぼろぼろ剥けて大変なことになっているSARUです(詳細は私のブログ「足の皮がぽろぽろと…」をご参照ください。)

仕事の話ですが、昨日はお客様の装置にインストールしたプログラムが異常な振る舞いをしてしまいました。一度は私たちの担当するAPIのメモリリークが疑われたのですが、どうも違うようで、別のグループ担当のプログラムがおかしいようなのです。その異常な振る舞いが起こらないようにする方法はわかったのですが、なぜこの方法だとソフトが正常に動くのかが全く理解できません。
結局、今我が社は残業規制があり、また私が居ても何も解決にならないようなので、一応、皆さんに確認を取って私は帰りました。その後どうなったかは分かりませんが、恐らく、とりあえず異常な振る舞いが起こらない方法は分かっていますのでその設定をしておき、そのソフト担当者は休日中に何かトラブルがあった場合に直ぐ出社できるように自宅待機ということになるでしょう。休日も会社に縛られるわけですcrying

ところで、我が社の出退勤記録は30分毎で区切られており(実はこの区切り方は労働基準法に違反しているらしいのですが…。)、たとえば朝8時31分に会社に来ても、記録としては9時出勤ということになってしまいます(これは現在使用している出退勤を記録するシステムの都合らしいです。)。
残業規制が厳しく、しかし仕事はなかなか減らない今、中途半端な時間、例えば朝8時35分に出社し、18時25分に退社するなどの時間調整を行ったりすることもあります。
上司には一応止められてはおりますが、休日家で仕事をしなければ追いつかない場合も多々です。

だから許せないのです。たかが朝15分前に出社するだけのことで大阪府知事に文句たらたら述べたあの女性のことを(ちょっとネタが古くて申し訳ありません。が、今でも腹が煮えくりかえりますpout。)。しかも、「私たちが何時間サービス残業をしていると思っているのですかっ。」と啖呵を切っておきながら、報道陣に対しては、「私はそのようなこと(サービス残業)はしておりません。」って、いったい何なんだsign02 この女性は「私たちが何時間サービス残業をしていると思っているんですか。全くしないし、上司の命令でもしたくはないんですよ。私たちはたかが15分の残業をもしたがらない怠け者なんですよ。」とでも主張したかったのでしょうか?

これまた大阪での出来事ですが、大阪府知事が府の損失が400億円弱に上ったことに対して「何事もなかったかのよう。給料が保障される組織は恐ろしい」と職員全員にメールを出したことについて、府の女性職員が「愚痴はご自信のブログ等で行ってください。」との返信をしたとのこと。
たとえ関係ない部署とはいえ、私たちの税金の中から400億円弱の損失を出していることに対して何事もなかったように報告する府幹部について「恐ろしい」と感じたことに対して、これを「愚痴」の2文字で片付けてしまう女性の感覚も私にとっては「恐ろしい」し「腹立たしい」。

一昔前は公務員といえば頭の良いエリートという認識がありました。しかし、どんどん明るみになる公務員の実態を目の当たりにし、私としては公務員は金銭感覚の麻痺した物事をよく考えない集団(本当はずばりただの××と書きたいところですが、皆に公開するブログなので、ここはぐっと抑えて…paper)というイメージができてしまいました。

公務員の方々には私たちの大事な税金を利用・運用しているという認識をきちんと持ち、現状を把握して世のため国の為頑張って頂きたいと切に願います。

« くじ運ってありますか? | トップページ | 忙しい休日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545938/46564770

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員さん、お願いしますよ!!:

« くじ運ってありますか? | トップページ | 忙しい休日 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツを貼るリスト2